診療科・部門案内

内科

診療内容・特色

松沢病院は精神科病院であるため、当院における内科の役割は精神科疾患に伴う内科疾患の診療が中心となっております。したがって患者さんは、当院精神科外来に通院中の方、当院の精神科病棟に入院中の方、他の精神科病院に入院中で都の精神保健・医療課を介して紹介のあった方を対象としておりますが、精神科疾患の無い方でも紹介状があれば診療させていただいております。
現在、精神科身体合併症医療の一環として指定日(平日水曜日夜間)の身体救急は都を経由して行う体制をとっていますが、その他の平日夜間、休日の身体救急は行っておりません。
当院の内科は病院の性格上、一般的な内科疾患のほかに精神科疾患が原因で生じる内科疾患(生活習慣病等)・精神症状と身体症状をともに伴う疾患(器質性精神障害、症状精神病、中毒性精神障害)・向精神薬服用による身体疾患などに接することも多いのが特徴といえます。

診療体制

内科診療は常勤医(副院長を含む)により行っております。各医師は認定内科医、循環器内科専門医、気管食道科学会認定医または日本腎臓学会専門医ですが、実際の診療は細分化されておらず、内科全般にわたって診療を行っています。
外来診療は常勤医のほかに専門外来非常勤医も対応しています。
入院診療は内科系一般病棟(52病棟)・内科系MPU病棟(閉鎖・42病棟)・感染症(結核)病棟(閉鎖・53病棟)で行われます。各病棟とも内科医と精神科医が担当となり内科疾患と精神科疾患の診療を同時に行う体制となっています。

外来診療日については 外来予定表でご確認ください。