診療科・部門案内

麻酔科

診療内容・特色

当院における麻酔科業務は、常勤麻酔科医と、非常勤麻酔科医で対応しています。
また、平成21年度より日本麻酔科学会認定病院となっています。

<手術麻酔>
年間麻酔件数はおよそ1,300症例です。
外科、整形外科、脳神経外科、形成外科の手術と、精神科の修正型電気けいれん療法にかかわるものがほとんどです。
当院の手術麻酔に特徴的な事は、対象患者様が精神疾患を合併されている事が多いことと、電気けいれん療法の施行数が多いことです。
平成22年度より電気けいれん療法をすべて修正型で施行する事とし、無事故かつ安全な麻酔に万全を期しています。

<ペインクリニック外来>
平成24年度7月より多摩総合医療センターからの兼任医師の協力を得て、ペインクリニック外来を開設しました。
精神疾患合併患者様のみならず広く地域の一般患者様も受け入れています。

<臨床工学技士について>
常勤1名の臨床工学技士(Clinical Engineer)が麻酔科に配属されています。
臨床工学技士は医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う事を業とする医療機器の専門医療職種です。
主な業務内容は、各種血液浄化(血液透析、血液透析濾過、血漿交換、血液吸着、腹水濾過濃縮など)装置の操作及び保守管理、手術室医療機器(麻酔器など)の保守管理、内視鏡装置の保守管理と業務支援などを行う内視鏡室業務、機器管理業務(人工呼吸器の保守点検やラウンドによる使用中点検)を行っています。

診療体制

手術麻酔は、常勤医師と非常勤医師で行っています。
ペインクリニック外来は、火曜日と木曜日(午前中)に行っています。
初診は原則的に予約制になっていますので、事前に予約センターにご連絡ください。

外来診療日については 外来予定表でご確認ください。

医師紹介