精神科コースの概要と特色

精神科コースの概要と特色

 

精神科コースの概要

 東京都立松沢病院(以下当院)のシニア研修のプログラムは、当院を基幹病院とし他の都立病院、都内の大学病院等と連携し、総合的に精神科医療を研修するプログラムで「東京医師アカデミー精神科コース」に属しています。
当院は東京都の行政精神科医療等で中核的な役割を担っている精神科病院です。800床の精神科病床を有し精神科医が約40名在籍しています。精神科救急医療、急性期医療、身体合併症医療、社会復帰・リハビリテーション医療、青年期医療、認知症医療、アルコール・薬物医療、医療観察法病棟の他、デイケア、精神科作業療法等を行っています。
レジデントは精神科領域のほとんどの疾患を経験し、措置入院や医療観察法入院を含め、すべての入院形態の症例を経験し研修することができます。本プログラムでは、精神医学の基本的な知識・技術を習得し、精神科専門医の資格を取得すると同時に、精神保健指定医資格取得、学会発表や論文作成の技術を獲得することを目標とします。
1年次は主に救急病棟、急性期病棟、社会復帰病棟で研修し、2~3年次は青年期病棟、認知症病棟、アルコール・薬物病棟、身体合併症病棟等で研修します。また3年次には、当院での研修の他、選択で小児総合精神医療センター、広尾病院などの病院で研修を行います。レジデントひとりひとりに責任指導医とメンターを配置し、レジデントの希望や研修の進捗状況に合せながら、定められた精神科コースの目標が達成できるようにきめ細かい指導を行っています。

 

特色

当院にはジュニア・シニアレジデントを除いて、精神科医が33名、内科・外科などの一般科医が23名在籍しています。病床は890床であり、病棟は救急病棟、急性期病棟、準急性期病棟、社会復帰病棟、青年期病棟、薬物・アルコール病棟、認知症病棟、身体合併症病棟、司法病棟があります。合併症病棟を含め、すべて精神疾患の患者さんの治療を行っています。その他、デイケア、作業療法、レクリエーション療法、心理教育などを専門のスタッフが行っています。当院のみで精神科に関するすべての研修が行えると自負しています。また平成24年より新病棟となり、最先端の設備と、快適な勤務空間を獲得しました。
 当院での3年の研修で、一人前の精神科医となることはもちろんですが、精神保健指定医資格取得、日本精神神経学会専門医取得、臨床研究により学会発表・論文発表の技術・能力の獲得をめざします。当院のシニアレジデント研修は、皆さんの精神科医としての有意義なキャリアとなることをお約束いたします。

 

週間行事

 

目的

臨床研修を修了した医師が、さらに専門的な精神科診療・研究能力を取得することを目的とし、下記の資格が取得可能となるよう資質の向上を図ります。

  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会専門医