ジュニアレジデントの声

ジュニアレジデントの声

松沢病院で働く臨床研修医(ジュニアレジデント)の声をご紹介します。
 

ジュニアレジデント

男性

都内の喧騒のなか、青葉繁れる病院への道は足取りを軽くさせ、光溢れる病棟は気持ちを和ませます。松沢病院での初期研修では主に急性期病棟と身体合併症病棟をローテートします。急性期病棟では、緊急措置入院を数多く経験でき、激しい精神症状の変遷を間近で診ることができます。身体合併症病棟では、身体疾患を抱える精神患者を心身両面から診療して、社会復帰できるようケースワークします。そこでは内科・外科、精神科を繋ぐ役割を初期研修医が担います。一方、他の都立病院で救急医療などを研修でき、身体医療の素養も修得できます。このように、松沢病院での初期研修は「全身を診られる精神科医」を目標に掲げています。多くの仲間をお待ちしています。

 

ジュニアレジデント

女性

松沢病院の魅力の一つは、科を超えてあらゆる年次の先生と距離が近いということです。初期研修医が日常的に院長や副院長と昼食を囲み、お話ができるという環境はなかなかないのではないかと思います。その時にうかがう昔の松沢や他院のエピソードは、面白いお話というのを超えて、教科書には載らないけれど大事な知識の伝承だと感じます。松沢にはそのような知に遭遇する機会が満ちています。そしてまた、志を同じくする同期と知り合えるというのも大きな魅力です。

 

ジュニアレジデント

男性

研修医生活も2年目を迎えました。精神科医を志し、都立松沢病院のマッチングを受験したのがつい昨日のことのように思えます。患者さんの話を傾聴するという最も基本的であり、最も難しいことに関して深く考えさせられることの多かった1年間でした。

精神科という同じ将来の目標を抱きながら、一方で色々な考え方の同期に囲まれ刺激的な研修を送っています。だからといって研修が精神科に偏っているかというと、決してそんなことはありません。一般科・精神科ともに先生方の熱心な指導に必死にくらいついていく充実した毎日です。

2年目となると、都立広尾・都立墨東病院で研修する機会もあり、バランスのとれた研修になるかと思います。皆さんも、少しでも興味をもったらぜひ実習にお越し下さい。そして、熱意をもった方とともに働けることを楽しみにお待ちしています。