指導医からのメッセージ

指導医からのメッセージ

指導医から、当院を志望される皆様へのメッセージです。

臨床研修委員会からのメッセージ

副院長樫山 鉄矢

当院は、新宿から京王線で15分の至便な立地でありながら、緑豊かな広大な敷地に890床の病床を有する、日本最古の公的精神科基幹病院です。最新の施設設備を有し、圧倒的な症例数を誇る精神科はもとより、総合内科、整形外科、脳外科、放射線科、外科、麻酔科などにも熱心な指導医が揃っており、研修は驚くほど充実しています。隣接する東京都医学総合研究所と連携しての臨床研究も可能です。松沢だからこそ出来る研修がここにはあります。皆さんの参加をお待ちしております。

ジュニア小委員会委員長からのメッセージ

内科医長阪下 健太郎

松沢病院では、精神疾患と身体疾患が併存した患者さんを、数多く診療できる環境にあります。

各科は、専門性を持ちながらも、臓器別でなく横断的に患者を診ることを心掛けており、紹介される疾患も多岐に渡るため、総合力が養われます。研修医は主治医として第一線に立って頂きますが、指導医とは距離が近く、各科の垣根も非常に低く、コンサルトや指導が受けやすい環境です。当院で経験できない診療科は、他の都立病院で研修可能です。

身体と精神、そして臓器の枠を越え、全人的医療を目指す方は、是非松沢病院にお越しください。