認定看護師からのメッセージ

認定看護師からのメッセージ

小野寺 礼子

73病棟 | 精神科認定看護師 老年期精神障害看護領域

私が認定看護師を目指したのは、6年前の認知症病棟への異動がきっかけでした。人生の終末期を迎えている老年期の患者さんが多く入院されている病棟でしたが、私は病院という限られた空間の中で、どのような看護を行ったら患者さんにとって「幸せ」なのかということを考えました。より良い環境を提供するためには自らの知識を広げ、専門的な関わりを身につけるしかないと決意し、公費の資格取得支援を活用して精神科認定看護師の資格を取得しました。

現在は、認知症病棟でスタッフと共に、より良い看護を提供するため試行錯誤しながら看護実践を行っています。昨年は日頃の看護実践をまとめ、老年看護学会発表にも挑戦しました。学会では他施設の看護師との意見交換などもでき、新たな気持ちになることもできました。

私の看護の目標は、「笑顔の提供」です。患者さんに笑顔になっていただくためには、私たち看護師が笑顔でなくてはいけないと思います。いつでも、笑顔で接することを基本に、謙虚に人生の大先輩である老年期の患者さんとの時間を今後も大切にしていきたいと思っています。