専門コース受講者からのメッセージ

専門コース受講者からのメッセージ

長友 なつ美

64病棟

私は松沢病院で精神看護を学びたいと思い、経験者採用で入都しました。
入都後、基礎コース研修を受講しジェネラルコースに進みました。ジェネラルコースでは様々な研修を受け、自分の能力向上に努めることができています。例えば、病院経営研修では、職場の課題に対し問題解決スキルを用いて1年間取り組み発表しました。包括的暴力防止プログラム(CVPPP)フォローアップ研修では、知識と技術の再確認をすることができました。

精神看護を実践するためにはさまざまな知識と技術が必要で、日々の患者さんとの関わりのなかで自分の看護につまずき悩むことが多くあります。そんな時は、適切な助言をしてくれる先輩と、一緒に悩んでくれる後輩、そして研修で学んだ知識が自信となり私の背中を押してくれています。そして経験年数を重ねるごとに精神看護の魅力や看護師の仕事にやりがいを感じることができています。

今は、主任として病棟での役割や課題もありますが、先輩や後輩に支えられながら一歩ずつ進んでいきたいと思います。そしてこれからも松沢病院で精神看護の専門性を追求し経験を重ねていきたいと思います。