こころの病気のミニ事典

解離性障害

私たちの記憶や意識、知覚やアイデンティティ(自我同一性)は本来一つにまとまっています。解離とは、これらの感覚をまとめる能力が一時的に失われた状態です。かつては「ヒステリー」と称されていましたが、現在では用いられなくなりました。代表的な分類とその特有の症状には、「混迷」「健忘」「遁走」「離人症」「多重人格(同一性障害)」があります。症状の発現様式、重症度、持続期間はさまざまで、健常者にあらわれることもあります(正常解離)。こうした症状が深刻で、日常の生活に深刻な障害をきたす場合を解離性障害と呼びます。
衝撃的な出来事、事故、災害などの体験や目撃などの極度のストレスが引き金となって突発的に発症する、幼少期の虐待や、あまりにも耐えがたい心理的葛藤から、相容れない情報や受け入れがたい感情を意識的な思考から切り離さざるをえなくなって発症する、など、心理的な原因が想定されており、心因性の精神障害に分類されます。

解離性障害の症状

解離性障害には様々な症状があります。世界保健機構の診断ガイドラインICD-10では、解離性障害のカテゴリーには次のようなものがリストアップされています。

  • 解離性混迷:急に体を動かしたり、言葉を交わしたりできなくなること。
  • 解離性健忘:自分に起こった出来事の記憶をなくすこと。多くは数日のうちに、記憶がよみがえりますが、ときには長期に及ぶ場合もあります。
  • 解離性とん走:自分が誰かという感覚が失われ、失踪して新しい生活を始めたり、ふいに帰ってきてその間の記憶がありません。
  • 離人症性障害:自分が自分であるという感覚が障害され、あたかも自分を外から眺めているように感じられます。外界に対する現実感が急に失われることがあります。
  • 多重人格障害(解離性同一性障害): 患者は複数の人格を持ち、それらの人格が交代で現われます。映画や小説の題材になるため、有名な症状です。自己作用感、意志作用感が不連続となり、感情、行動、意識、記憶といった、人格の一貫性が保てません。

このほかに、解離性運動障害、解離性けいれん、解離性知覚脱失、失立、心因性振戦、心因性失声、心因性難聴、ガンサー症候群、心因性錯乱状態なども解離性障害の一種です。

周りの人にもわかるサイン

ぼーっとして無表情、話しかけても応答がない⇒混迷
特定の出来事をどうしても思い出せない、特定の人との約束や会話を何気なく忘れてしまう⇒健忘
突然失踪のように行方をくらます。気が付いたら別の場所にいたという。⇒遁走
現実感がなくなり世の中が芝居のセットのように思え、「自分が自分でない」「ロボットのようだ」と感じてしまい、それに苦しむ。⇒離人症
本人の様子が突然変わるが、その間の記憶がない。⇒多重人格

その他、けいれんする、声がでない、耳が聞こえなくなった、質問と関係のない答えしかできないなど、異常な感覚、行動が現れます。どの場合にも、患者本人には、そのきっかけや原因がわかりません。

これはあくまでも目安です。

おかしいかな?あてはまるかな?と思ったらまずは専門家に相談しましょう。専門家のいるところは総合病院の精神科や心療内科、もしくは精神科専門のクリニックなどですが、どこに行けばいいかわからない時は自分のことをよく知っているかかりつけの医師に相談したり、地元の保健所や精神保健福祉センターの相談窓口を利用するなどしましょう。

解離性障害の診断と治療

診断にあたっては、精神科医の面接により、注意深く症状を観察します。同時に、身体的原因を除外します。身体的原因を除外するには、MRI検査、脳波検査、および薬物使用の有無を調べる血液検査が必要となることもあります。症状によっては、内科診察が必要な場合もあります。心理検査も必要に応じて行います。
治療初期には、患者さんに安心感を持ってもらうための精神療法に加え、薬物療法を併用することがあります。治療が進むにつれ、カウンセリングも行います。苦痛がひどい場合には、入院治療を選択する場合もあります。
解離性障害の症状は、周囲に理解し、信じてもらうことが困難な場合も少なくありません。
早めに気づくことが進行の抑制につながるため、早期治療が大切です。