クリニカル・パスについて

クリニカル・パスについて

クリニカル・パスとは

クリニカル・パスとは、疾患別・処置別に、患者さんに対するケア内容を縦軸、時間の経過を横軸にとったスケジュール表のことです。
なお、入院時等、このクリニカル・パスに基づく入院診療計画書を患者さんにお渡ししていますが、その中には、入院から退院までの検査や治療等のスケジュール以外に説明や目標も記載されているので、患者さんがご自身の治療内容や注意点を把握することができます。

クリニカル・パスの導入効果

  1. 医療の質の向上
  2. 標準的な治療計画が明示されるため、主治医の違いによる治療のばらつきをなくすことができ、治療の標準化と均質な医療の提供が可能となります。
     

  3. インフォームドコンセントの充実
  4. 診療についての先の見通しが立ち、スケジュールに沿って診療が進むため、患者さん自身が診療に主体的に参加できるようになります。
     

  5. 医療事故の防止
  6. 診療内容が明確になるため、結果的に医療事故の防止に繋がり、より安全な医療を提供できるようになります。
     

  7. チーム医療の強化
  8. 多職種で情報の共有化が図られ、職種を超えたチーム医療を促進する効果があります。