松沢病院について

リハビリテーション科 身体障害部門

 

業務内容

脳血管疾患、骨折、パーキンソン病などの疾患、または長期間の安静による廃用症候群(関節拘縮や筋力低下、心肺機能低下など)のため、日常生活に支障がある患者さんを対象にして、機能回復訓練を行っています。
主に精神疾患を合併した患者さんへの身体機能回復リハビリテーションを提供していますが、外来患者さんに対しては地域病院としての役割も担っています。

理学療法(PT)
主に体幹や下肢の機能障害に対して、寝返りや起き上がり、座位保持、起立、立位保持、歩行などの基本的な動作訓練を行っています。
作業療法(OT)
主に上肢や手指の機能回復、応用動作能力の改善、精神機能面の改善などを目的とした作業活動を実施し、日常生活動作の自立度向上を目指して行っています。
言語療法(ST)
失語症や構音障害などのことばの障害、記憶障害や失認などの高次脳機能障害、食事が上手に食べられない嚥下障害に対する訓練や助言を行っています。
訓練の開始まで
リハビリテーション科外来にて、リハビリテーション担当医の診察をお受けください。診察に基づく担当医の処方により、各療法が開始となります。
リハビリテーション科外来
月・水・金曜日の午後2時から。火・木曜日の午前10時から。(祝日を除く)
  • ※ リハビリテーション科の診察を受診される前に、医事課の窓口で受付をお済ませください。
外来スケジュール
理学療法・作業療法・言語療法ともに、月~金曜日(祝日を除く)に外来訓練を行っています。具体的な実施日や時間はご相談しながら決めています。

 

ダウンロード・関連リンク

  • ※ 現在準備中 ※