松沢病院について

看護部

理念と特色

松沢病院看護部は、松沢病院運営理念に基づき「優しさと思いやりを持った看護を提供する」ことを看護部理念としています。看護部は看護の専門性を活かし、患者さんの「その人らしさ」を大切に、患者さんに寄り添う看護を目指しています。
また、看護部は看護の専門性が発揮できる体制作りや院内教育を行い、多くの職員の協力を得ながら、看護師が患者さんの側でケアできる体制がとれるように努めています。
新病院になり、一般科(内科・外科)診療や精神科救急医療を提供する中で、看護師一人ひとりが患者さんの「こころ」と「からだ」をケアする全人的な看護の実践に取り組んでいます。ハード面では、患者さん一人ひとりの空間を大切にした「くぼみの空間」や全体の色調やインテリアのかたちも明るく、優しい雰囲気を創り、常に患者さんの視点を大切にした設計になっています。
看護の支援システムとして、看護情報システム(電子カルテ)・物品の供給・搬送システム(SPD)が導入されています。

看護の提供体制

看護は受け持ち制を取り入れたモジュール型継続受け持ち方式です。患者さんの入院から退院まで一人の看護師が責任を持って担当します。
勤務体制は、変則2交替制、変則3交替制の病棟があります。

院内教育

看護部では、教育と実践が統合できる教育的な臨床環境を提供し、看護職員一人ひとりのキャリア開発を支援しています。
院内教育は、病院の理念に基づき、看護職員自ら患者・家族に質の高い看護サービスを提供できると共に精神科看護の専門性を高めることができる職員の育成に取り組んでいます。

看護師採用サイトはこちら

院内研修公開講座

松沢病院看護部の院内研修は「公開講座」になっております。
精神科看護に関心のある方や、これから精神科で働いてみたい方、最新の精神科医療・看護を学びたい方など、どなたでも研修に参加することができます。ふるってご参加ください。

詳しくはこちら