松沢病院について

外科

診療内容・特色

主として精神疾患を持つ患者さんを対象として外科診療を行っておりますが、一般の患者さんも受け付けております。取り扱う疾患は一般病院と同様で、消化器(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肛門・肝臓・胆嚢・胆管・膵臓など)、乳腺などの悪性や良性の病気、熱傷(やけど)、外傷(切り傷などのけが)、褥瘡(床ずれ)などです。褥瘡は多摩総合医療センターの形成外科医と連携し、手術・治療を行っています。疾患が重症でさらに専門的な治療が必要な場合は、多摩総合医療センターなどの高次機能病院へ速やかに紹介・転送致します。
外来での、乳がん・胃がん・大腸がんなどの2次検診も行っております。

診療体制

2012年5月より、最新の設備の整った7階建ての新病棟に移転し、より設備の整った快適な環境で診療できるようになりました。
外来診療は、水曜日(外科)と金曜日(形成外科)の午前中に行っております(受け付けは午前11時まで)。
外科病床は、閉鎖病棟(43病棟)18床、開放病棟(51病棟:カギのかからない一般病床)10床で、手術を中心とした入院治療を行っています。閉鎖病棟では、精神科疾患を持った患者さんの外科治療が中心で、病棟専属の精神科医と協力して、精神科患者特有の身体的・精神的特性に考慮した治療の選択・実施に勤めています。また、できるだけ身体抑制・拘束をしない治療を目指しています。開放病棟では、精神科の病気を持たない患者さんの手術・治療も行っています。

外来診療日については 外来予定表でご確認ください。

医師紹介

氏名 専門分野 専門資格
医長 多田  雅典 消化器外科
大腸肛門外科
日本外科学会認定医・専門医・指導医
日本消化器外科学会認定医・専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本大腸肛門病学会専門医