HOME » 東京看護アカデミーとは » キャリアラダーの概要

キャリアラダーの概要

キャリアラダーの3つの構成要素

  • 看護実践能力
    的確な判断、正確な知識・技術に基づいた看護実践の提供能力であり、その基盤となるものは倫理と信頼関係を築けるコミュニケーションです。
  • 役割遂行能力
    チーム・所属・組織の中の役割を認識し、専門職として責任を果たすために安全性と経済性を考慮した職務遂行能力です。
  • 教育・研究能力
    継続学習による能力の維持・開発に努められるように自己教育力を身につけ、より質の高い看護の提供に向け、研究的視点を持って取り組める能力です。

都立病院キャリアラダーの概要

表:都立病院キャリアラダーの概要(実務経験歴、活動範囲、目標)

表:都立病院キャリアラダーの概要(到達目標)

キャリア発達のための支援

キャリアの発達はあくまで個人が主体となります。看護専門性の向上を自ら実現できるように、都立病院にはキャリア発達を支援する制度があります。

主な研修・制度名 内容
専門看護師資格取得派遣研修 取得までにかかる入学検定料、授業料、認定試験審査料、認定登録料等を公費負担
認定看護師資格取得派遣研修
精神科認定看護師資格取得派遣研修 認定取得までにかかる受験資格審査料、講習会参加費、認定試験審査料、認定登録料等を公費負担
助産師養成派遣研修 養成機関への入学検定料、入学金、授業料等を公費負担
学会認定資格等取得支援 取得難易度が高い学会認定試験や組織として必要な資格に関し、講習会日、実習費、認定料等を公費負担
自己啓発支援による講座等受講制度 勤務時間外において、服務と関連する講習会及び通信教育講座等の受講費用について、一定の要件を満たした場合に支援金を交付

 

教育委員の声(院内研修を企画・運営する担当者)

<大塚病院 浦和さん>
レベルⅠを担当しています。研修時間が多いため企画や運営は大変ですが、看護の基礎となる内容なので、いかに実践と結び付けられるかを考えながら取り組んでいます。就職してから看護師として独り立ちしていく過程を支援するなかで、私自身も共に成長できていると感じています。
<墨東病院 荒木さん>
実地指導者育成研修と新人サポートカンファレンスを担当しています。新人看護職員の成長過程や実地指導者が抱える悩みや葛藤を共有することで、人を育てる難しさや楽しさを感じています。今後も職員の育成に繋げられるような研修を企画していきたいと思います。
<小児総合医療センター 猪瀬さん>
担当する研修では、子どもの成長発達や家族看護などを実技と講義で学び、小児看護学の体系的学習を目指しています。また社会人基礎力を育む研修を導入し、意図的な発言や主体的に受講ができるように取り組んでいます。日々成長する姿をみることができとてもやりがいを感じます。
<松沢病院 和田さん>
教育委員会では基礎コースレベルⅠ研修担当として集合研修の企画実施をしています。研修生が入職して間もない時期から、1年間研修を重ねる度に研修生の皆さんの成長を実感しています。責任ある役割ですが、そのことが自身のやりがいに繋がっています。