報道発表

 

 

平成29年11月14日
病院経営本部

第13回東京都福祉保健医療学会シンポジウム「病気や障害で特別なケアを必要とする子供への支援」

 東京都福祉保健医療学会は、都・区市町村等の職員が、日頃の業務に根ざした研究成果を発表し(裏面プログラム参照)、その成果を行政サービスに活かしていくことを目的として毎年開催しており、その中で今年度は下記のテーマでシンポジウムを行います。

 都民の皆様の御参加をお待ちしております。

シンポジウム「病気や障害で特別なケアを必要とする子供への支援」


 児童福祉法の改正により、医療的ケアを必要とする子供が適切な支援を受けられるよう、自治体において保健・医療・福祉等関係機関の連携促進に努めることとされました。また、平成29年7月には、発達に障害のある子供に対する支援の質の確保と向上のため、「児童発達支援ガイドライン」が策定されたところです。

 本シンポジウムを通して、障害の状態や発達の過程・特性に応じた子供及び家族への支援、保健・医療・福祉等の連携による支援体制の整備、在宅生活を支えるサービスなど、地域の取組状況と課題を共有します。

◆ 日時

平成29年12月14日(木曜日) 午後3時45分から午後5時20分まで

◆ 会場

東京都社会福祉保健医療研修センター

〒112-0006 東京都文京区小日向四丁目1番6号

電話番号:03-5800-3344 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座長 

岡 明 氏(東京大学 医学部 小児科教授) 

シンポジスト

前田 浩利 氏(医療法人財団はるたか会 理事長)

大塚 晃 氏 (上智大学 総合人間科学部 教授) 

笠 真由美 氏(杉並区 保健福祉部 子ども家庭支援担当課長)

◆ 入場無料・先着80名まで(都内在住・在勤の方のみ)

  別紙「申込書」に氏名・連絡先等必要事項を記入の上、福祉保健局総務部職員課へ

  平成29年11月30日(木)までにFAX又はメールにてお申込みください。

 

【第13回東京都福祉保健医療学会のプログラム】

内容等

時間

会場

◆口頭発表(55題)

(分野別内訳)  「医学・医療」 21題

「保健衛生」  17題

「看護」     8題

「福祉」     9題

9:30~15:00

10:00~14:50

9:30~11:20

12:35~14:35

1階 講堂

5階 502教室

7階 702教室

7階 702教室

◆ポスター発表(40題)

(分野別内訳)  「医学・医療」 14題

「福祉」     4題

「保健衛生」   8題

「看護」    14題

12:15~15:00

10:15~11:00

13:00~14:45

12:15~15:00

8階 802教室

9階 901教室

9階 901教室

9階 902教室

◆シンポジウム

「病気や障害で特別なケアを必要とする子供への支援」

15:45~17:20

1階 講堂

◆展示等

○福祉・トライアルショップ「KURUMIRU」及び

福祉作業所の事業紹介(展示販売)

○「アール・ブリュット」パネル展

終日

※福祉作業所の事業紹介は10時から16時までの予定です。

1階 

アトリウム



お問い合わせ先
福祉保健局総務部 職員課
電話 03-5320-4189
病院経営本部 経営企画部 職員課
電話 03-5320-5819