トップ > 病院経営本部について > 報道発表 > 平成28年度 > 乳がん患者の予後予測に有効な血中循環腫瘍細胞検出システムの開発について

報道発表

平成28年8月26日

病院経営本部

駒込病院

乳がん患者の予後予測に有効な血中循環腫瘍細胞検出システムの開発について

 当院の澤田 武志 腫瘍内科医師、小泉 史明 臨床検査科医長のグループは、コニカミノルタ株式会社、国立研究開発法人産業技術総合研究所との共同研究により、血中循環腫瘍細胞(以下「CTC」という。※1)を高感度に検出する新たなシステム「Fluidic Cell Microarray Chip System(以下「FCMC System」という。)」を開発しました。また、このシステムを用いて検出したCTCの数が、乳がん患者の予後を予測する指標として有効であることを明らかにしました。

 この研究成果が、平成28年7月27日付けの「EBioMedicine」(※2)オンライン版に掲載されましたので、お知らせします。

1 経緯

 CTCは、がんが転移する際に大きな影響を及ぼす細胞であり、CTCの研究が進むことで、がん転移メカニズムの解明に大きく寄与することが期待されている。

 当院の澤田武志腫瘍内科医師、小泉史明臨床検査科医長のグループは、本邦におけるCTC検出システム開発の中心となっており、これまでにも他の研究機関との共同研究により複数のCTC検出システムを開発するなど、様々な知見を国内外に発信している。

2 結果

 今回、当グループは、当院と国立がん研究センター中央病院の進行乳がん患者の末梢血2mLから、当グループが開発したFCMC Systemにより、患者の予後情報に関わるCTCを検出した。

 このCTCの検出数について、当グループが、現在CTC検出システムの国際標準とされている「CellSearchシステム」(※3)と比較したところ、「CellSearchシステム」が0~88個(中央値0)であったのに対し、FCMC Systemは0~12,400個(中央値9.4)と、極めて高感度にCTCを検出できることが明らかになった。

 また、生存時間解析(※4)の結果、このシステムにより検出されたCTCの数が、乳がん患者の予後を予測する指標として有効であり、病気が進行する可能性が高い患者を明らかにできることが分かった。

3 意義

 FCMC Systemを用いることで、高感度にCTCを検出し、より正確な病期(ステージ)の診断、治療選択に寄与することが期待される。また、今後様々なCTC研究が促進され、がん転移メカニズムの解明に貢献できる可能性がある。

4 今後の予定

 乳がんに加え、肺がん、消化器がん、口腔がんといった他がん種にも対象を広げた臨床試験を計画しており、検討症例数をさらに増やし、FCMC Systemの有用性を検証していく。また、進行がんだけでなく、早期がん患者の症例検討も行うことで、血液検査によるがんの早期診断、再発・転移の早期診断の可能性についても、解析していく。

5 その他

 本研究は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の研究開発プロジェクトである「がん超早期診断・治療機器の総合研究開発」の共同研究として実施された。


 

【用語注釈】

※1 「CTC」は、がん組織から血中に流れ出たがん細胞で、がん転移に密接に関わる重要な細胞である。 血液中のCTC数を測ることにより、従来のステージ分類などでは把握しきれなかった患者の予後を正確に把握できる可能性がある。

※2 「EBioMedicine」はCell 誌 と Lancet誌が編集プロセスをサポートし、基礎研究と医療を橋渡しするトランスレーショナル研究の成果を掲載するオンラインジャーナルである。

※3 「CellSearchシステム」は、現在、進行乳がん、進行前立腺がん、進行大腸がんにおいて米国FDAの承認を受けている、唯一の診断システムである。

※4 「生存時間解析」は、ある時点から注目する事象が起きるまでの時間を解析する手法である。今回、CTC検出数と、治療後がんが進行するまでの時間(無増悪生存時間)との関係を解析した。

 

 



お問い合わせ先
駒込病院事務局庶務課
電話  03-3823-2101(代表)