トップ > 病院経営本部について > 報道発表 > 平成27年度 > 小児総合医療センターにおけるノロウイルスの院内感染について

報道発表

平成28年3月18日
病院経営本部
    

小児総合医療センターにおけるノロウイルスの院内感染について

  都立小児総合医療センターにおいて、ノロウイルスの院内感染が発生しましたので、ご報告いたします。

 

1  事象確認日

    平成28年3月15日(火曜日)

2  発生場所

    東京都立小児総合医療センター内の1病棟

    (所在地 府中市武蔵台2-8-9)

 

3  院内感染等の経過

    3月15日(火)

    ・病棟で5名のノロウイルス患者発生との報告あり

     1名を個室、4名同室で隔離管理

    3月16日(水) 

    ・9時 同病棟で新規発生3名

    ・同病棟への新規入院・転入を制限

    ・午後 同病棟で新規発生1名

    3月18日(金) 

    ・午前 同病棟で新規発生1名(累計10名)

<有症状者数の推移>

月  日

有症状確認数

累計数

3/15

3/16

3/17

3/18

10

  ※有症状者のうち8名が検査陽性

 

4  死亡患者の発生

    3月17日(木)

   ・午前中   陽性患者のうち1名の状態が悪化し、PICU(小児集中治療室)に転棟

   ・16時半頃 PICUに転棟した患者が死亡

   ・ご家族の了承を得て、18日(金)に病理解剖実施

 

5 死亡患者の概要

   ・年齢 2歳

   ・性別 男

   ・疾患 重篤な心疾患、肺疾患により長期入院中

   ・死因 現在、調査中


 

6  対応状況


   ・15日から陽性患者、有症状患者は隔離管理

   ・16日の午前中から同病棟への新規入院・転入を制限

   ・多摩府中保健所及び福祉保健局には報告済であり、多摩府中保健所からは17日、福祉保健局からは18日に立入調査を受けた。

   ・感染患者の容態は安定している。

   ・感染ルートについては調査中

   ・プレイルーム使用禁止、患者家族への手洗いの徹底と指導、隔離室の使用済みオムツの管理徹底(オレンジハザードボックスを病室に設置)、次亜塩素酸Naでの環境整備の増加等、院内の感染防止対策を強化、徹底し、新たな発生の防止を図っている。

 

7 今後の対応

    院内感染マニュアルの順守の徹底等、病院全体で再発防止に努める。



問合せ先
病院経営本部サービス推進部事業支援課
電話  03-5320-5835(直通)

小児総合医療センター事務局庶務課

電話  042-300-5111(代表)