トップ > 報道発表 > 平成23年度 > 「震災後のこどものこころ電話相談室」を設置します

報道発表

平成23年4月18日

病院経営本部

(「震災後のこどものこころ電話相談室」は10月末をもって終了いたしました。)

「震災後のこどものこころ電話相談室」を設置します

東京都立小児総合医療センターでは、東日本大震災で被災したこどもが抱えるこころの負担やPTSD(心的外傷後ストレス障害)などを軽減することを目的とし、本日、下記のとおり電話相談室を設置いたしましたのでお知らせします。

1 対象者

被災者及び避難されている方
(3歳前後の幼児から高校生までの被災者及びその家族)

2 内容

震災後のこどものPTSD(心的外傷後ストレス障害)等に関する電話相談
(例)夜のおびえ、不安で外出できない、余震に過剰に反応する
    家族の身を必要以上に案じる、近親者の喪失を受け入れられない等

3 開設日

平成23年4月18日(月)

4 相談日時

月曜日から金曜日(土・日・祝日・年末年始を除く)
午前9時30分から午後4時30分

5 相談方法

フリーダイヤル  0120- 556 ( こころ ) ― 465 ( よろこぶ )
(携帯電話からも使用できます)

6 相談員

児童精神科医師、精神保健福祉士(PSW)、臨床心理士などの専門家が対応します。

7 その他

お問い合わせ先
病院経営本部経営企画部総務課
電話 03-5320-5806(直通)
都立小児総合医療センター事務局庶務課
電話 042-300-5111(代表)