トップ > 報道発表 > 平成21年度 > 医療関係者向け特別講演会開催!「周産期医療と看護を学ぼう」

報道発表

平成21年5月8日
病院経営本部

医療関係者向け特別講演会開催!「周産期医療と看護を学ぼう」

守ろう赤ちゃんとお母さん!
いよいよ都立多摩総合医療センターと小児総合医療センターが、平成22年3月にオープンいたします。
この2つの病院では様々な医療機能を充実させていきますが、特に周産期医療については、多摩総合医療センターに、M-FICU(母体・胎児集中治療室)9床、小児総合医療センターに、NICU(新生児集中治療室)24床、GCU(新生児回復期治療室)48床を整備し、都内最大の「総合周産期母子医療センター」として一体的に運営します。
今回の講演会では、第1部では周産期医療について医師の立場から、第2部では周産期に携わる助産師および看護師の立場から講演を行います。また、就職に関する質問にお答えするコーナーも設けております。
この講演会は、看護学生をはじめとする多くの医療関係者の皆様にご参加いただけるよう、公開で実施します。皆様のご来場をお待ちしております。

1 実施日時

平成21年5月28日(木曜日) 午後6時30分から午後8時00分まで

2 実施場所

東京都立府中病院 3階 講堂

3 内容

(1) 講演

第1部 座長 都立府中病院長  青木 信彦

  1. 周産期母子医療センター 多摩地域の現状
    八王子小児病院 副院長  西田 朗
  2. 多摩地区周産期医療における多摩総合医療センターの使命「多摩のお産は、多摩で」
    府中病院 産婦人科部長  光山 聡

第2部 座長 小児総合医療センター開設準備担当理事(清瀬小児病院長)  林 奐

  1. 周産期センターにおける助産師の役割
    府中病院 看護部看護科次席助産師  秋本 加奈子
  2. 家族を中心としたNICU看護を目指して
    清瀬小児病院 看護科主任  福富 由紀子
(2)看護部長挨拶、小児総合医療センター開設準備担当参事挨拶

府中病院看護部長  松井 千恵子
小児総合医療センター開設準備担当参事  須釜 なつみ

(3)就職に関する相談コーナー

府中病院看護部看護科長  藤野 孝子
府中病院看護部看護科看護担当科長  藤田 枝美子
八王子小児病院看護科看護担当科長  河上 淳子
梅ケ丘病院看護科看護担当科長  川代 たつ子  ほか

(4)森のホスピタル展示コーナー

4 募集予定人数

定員150名  参加費無料

5 申込み方法

参加申込書をダウンロードしていただき、郵送、メール、またファクシミリでお申込みください。

6 応募締切り

平成21年5月27日(水曜日)必着

7 その他

府中病院のホームページ、および小児総合医療センターのページでも講演会のご案内をしておりますのでご覧ください。
府中病院のホームページ
小児総合医療センターのページ

Get ADOBE READER

PDFファイルの表示にはAdobe system社の Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はダウンロードしてお使い下さい。


お問い合わせ先
病院経営本部 経営企画部 総務課
多摩総合医療センター開設準備担当
小児総合医療センター 開設準備担当
電話 03-5320-5857