トップ > 報道発表 > 平成20年度 > 平成21年度東京都職員(看護師・助産師)採用試験の改正について

報道発表

平成21年2月26日
病院経営本部

平成21年度東京都職員(看護師・助産師)採用試験の改正について

平成21年度東京都職員(都立病院等に勤務する看護師・助産師)採用試験について、受験対象の拡大等、新規学卒者から経験者までのより幅広い層が受験できるよう改正しましたので、お知らせします。

【主な改正点】

  • 試験方法の簡素化(問題数削減、専門試験内容の見直し、論文の廃止等)
  • 試験から合格発表までの大幅な日程短縮
  • 受験機会の拡大(日程の複数化、地方都市開催の拡大、年齢上限の引上げ)

都立病院では現在、新病院のオープンなど医療機能の強化に取り組むとともに、キャリアアップ支援体制や働きやすい職場環境づくりにも力を入れています。
その一つとして、各病院では積極的に二交替制勤務導入に取り組んでおり、既に数病院で試行、導入され今後も拡大の予定です。
また、清瀬小児病院、八王子小児病院では看護配置基準7対1を導入しています。その他の病院も取得を目指して取り組んでいます。

看護師
新規学卒者向け(平成22年4月1日採用予定)
区分 対象 試験方法 試験日程 改正内容
1類B 22歳以上30歳未満
平成22年春の国家試験により免許を取得する見込みの者と免許保有者
・教養試験(20題)
・専門試験
(五枝択一、記述式)
・口述試験
(筆記と同日実施)
(試験日)
平成21年5月10日
(申込み)
平成21年4月1日から4月中旬
(合格発表)
平成21年6月12日
・教養問題数削減
(40題→20題)
・専門試験の簡素化
・論文の廃止
・試験から合格発表までの期間を3ヵ月から1ヵ月程度に大幅短縮
2類 採用予定日現在45歳未満で、平成22年春の国家試験により免許を取得する見込みの者 ・小論文
・面接
平成21年7月から9月までに複数回実施予定
東京(3回程度)
札幌、青森、仙台、新潟、福岡
・試験の複数回実施
・地方都市開催の拡大(2都市→5都市)
免許保有者向け(採用予定日は試験実施日により変わります)
区分 対象 試験方法 試験日程 改正内容
1類B 採用予定日現在22歳以上45歳未満の免許保有者 ・専門試験
(五枝択一、記述式)
・口述試験
・(筆記と同日実施)
9月、1月実施予定 ・採用枠を新設
・年齢拡大(30歳未満→45歳未満)
2類 採用予定日現在45歳未満の免許保有者 ・小論文
・面接
年間4回程度実施予定
助産師
新規学卒者向け(平成22年4月1日採用予定)
区分 対象 試験方法 試験日程 改正内容
1類B 22歳以上30歳未満
平成22年春の国家試験により免許を取得する見込みの者と免許保有者
・教養試験(20題)
・専門試験
(五枝択一、記述式)
・口述試験
・(筆記と同日実施)
9月実施予定
区分 対象 試験方法 試験日程 改正内容
1類B 採用予定日現在22歳以上45歳未満の免許保有者 ・専門試験
(五枝択一、記述式)
・口述試験
・(筆記と同日)
7月、1月実施予定 ・採用枠を新設
・年齢拡大(30歳未満→45歳未満)

各試験の詳細については、順次、採用試験(選考)案内や病院経営本部ホームページ等で公表していきます。

お問い合わせ先
病院経営本部 経営企画部 職員課
電話 03-5320-5821