トップ > 都立病院の紹介 > 看護部門

都立病院の紹介 看護部門

業務のご紹介

看護師の仕事は、人の健康と生命を守ることです。医師と協力して、治療が順調に進むよう援助し、人の持つ治癒力を高めるようにすることが主な仕事です。病院職員の中では最大の人数を占め、様々な角度から病院運営をサポートしています。都立病院では、安全で安心できる看護の提供を目指しています。

患者さんと共に

東京都民の健康を守るため、365日24時間の安心、安全な看護を提供するために4,000人余りの看護師が勤務しています。患者さんに寄り添い、共に歩んでいきます。

看護師の活動

看護師は、あらゆる健康レベルの人を対象にして、疾病の早期発見や健康管理などを判断し、健康的に生活できるよう援助しています。そのため、看護師には、実践的役割、教育的役割、調整的役割、管理的役割、そして看護を発展させていくための研究・開発的役割があります。

看護師の活動
看護師の活動

看護師としての成長を見守る

一人ひとりの看護師を職業人として育成・支援します。

都立病院一丸となって(看護理念ページへ) 1対1丁寧な実習指導新人教育(新卒看護師の春夏秋冬ページへ) 卒後1~3年目 充実した卒後教育(研修体系ページへ) 認定・専門看護師派遣研修制度(認定看護師・専門看護師への道ページへ)