都立病院 コメディカル部門のご紹介

薬剤部門

病院の薬剤部門では医薬品の適正使用と安全性を確保するために、病院の特性や規模に応じて、調剤、注射調剤、服薬指導、医薬品情報管理、医薬品管理、製剤、治験・製造販売後調査、医薬品安全管理など種々の業務を行っています。

1 調剤業務

調剤室(錠剤)
調剤室(錠剤)
調剤室(散剤)
調剤室(散剤)

医師の処方せんに従って、錠剤、散剤、外用剤などの薬を調製する最も基本的な業務です。処方せんに書かれている薬の量が年齢や、腎臓・肝臓などの体の機能から考えて適切な量であるか、飲み合わせの悪い薬がないか等をチェックし、疑問点があれば処方した医師に確認します。この行為を「疑義照会」といい、疑義照会により処方が変更されるなど、患者さん一人ひとりの状態により合わせた適切な処方を医師と連携して行うように努めています。患者さんが安全な薬物療法を受けるため、大切な仕事といえます。
外来処方せんは、原則院外処方せんになります。4日以内(発行日を含む)であれば全国どこの保険薬局に行っても受け付けてくれます。しかし、患者さんには、日頃から何でも相談できる「かかりつけ薬局」を決めておくこと、「お薬手帳」を携帯することをお勧めします。どこの薬局に行ったらいいかわからない、「後発(ジェネリック)医薬品」を使いたい、薬の副作用かもしれないといった相談は、処方された病院のお薬相談窓口で対応していますのでご利用下さい。

関連リンク(東京都福祉保健局のホームページへ)

2 注射調剤業務

注射調剤(個人別セット)
注射調剤(個人別セット)
抗がん剤の混合調製
抗がん薬の混合調製

注射薬も処方せんに従って毎日調剤します(個人別セット)。注射薬は飲み薬より効果が強いため、より厳重なチェックが必要です。投与量や混ぜ合わせた時の配合変化についても、飲み薬以上に注意を払います。特に、抗がん薬に関しては、治療計画(プロトコール)に添ったものであるかを複数の薬剤師で確認し安全管理に努めています。

(1)抗がん薬の混合調製

安全キャビネットで無菌調製します。

(2)高カロリー輸液調製

新生児や小児、透析患者さんなどを対象に、市販のものでは対応できない中心静脈栄養(IVH)をクリーンベンチで無菌調製します。


3 病棟での薬剤業務(入院患者さんへの薬の説明など)

入院患者さんへの薬の説明状況
入院患者さんへの薬の説明状況

入院中の患者さんや家族の方と面談し、アレルギーや副作用の経験の有無、処方されている薬の他に飲んでいる薬(他病院からもらった薬や市販薬)はないか、利用している健康食品はないか等をお聞きします。その上で、患者さんが必要としている薬の情報をわかりやすく提供し、安心して間違いなく薬を使っていただけるよう説明します。 入院中の処方については主治医や担当看護師と検討することや、薬物の血中濃度を解析することで、副作用の早期発見や未然の防止につながることもあります。


4 医薬品情報業務(DI:Drug Information)

医薬品情報室の様子
医薬品情報室の様子

薬に関する様々な情報を収集し管理する仕事です。薬事委員会(病院で使用する医薬品について検討する委員会)事務局として、医薬品の採用・廃止などの審議に関する資料も作成します。委員会決定内容や副作用などの最新情報は「医薬品情報誌」や院内LANを活用して、職員に迅速に提供します。薬に関する各種の問い合わせに対応するとともに、院内で発生した副作用の収集や厚生労働省への報告も行います。市販薬を含め、薬を正しく使用したにもかかわらず副作用が生じることもあり、そのために、「医薬品副作用被害救済制度」という公的制度が設けられています。


関連リンク(独立行政法人医薬品医療機器総合機構のホームページへ)

5 医薬品管理業務

薬の発注・在庫・供給の管理を行う仕事です。薬品在庫管理システムでデータ管理し、毎月出納簿や種々の管理資料を作成します。また、薬剤科内だけでなく、各病棟・外来の在庫や管理状況、薬の使用期限なども定期的に確認し、薬の品質や経済面にも注意を払います。

6 製剤業務

治療上必要とされながらも市販されていない薬品を調製します。特殊な軟膏や、うがい薬、消毒薬などがありますが、倫理性や安全性等を委員会で検討した上で実施しています。

7 治験・製造販売後調査

新しい薬として承認してもらうためには、有効性や安全性の調査が必要です。そのために行う臨床試験を「治験(ちけん)」といいます。また、承認後も有効性や安全性の実績を収集し検討する必要があります。そのための調査を「製造販売後調査」といいます。治験も製造販売後調査も、国(厚生労働省)の定めたルール(GCP、GPSP)に基づいて行わなければなりません。治験や調査が適正に行われるよう、各病院では事務局を設置していますが、薬剤部門内にある病院と臨床試験科などの別組織内になっている病院がありますので、詳細は各病院のホームページで確認してください。

関連リンク(がん・感染症センター駒込病院のホームページへ)

8 医薬品安全管理業務

一般に、医療事故の中で薬に関することが約30%を占めるといわれています。事故に至らないものの一歩手前のヒヤリとしたりハッとしたりする(ヒヤリハット)事例や疑義照会事例を分析し共有することで、医療事故の防止や医療安全に役立てています。また、病院内で薬が適正に使用されるよう「医薬品の安全使用のための業務手順書」を作成しています。

9 チーム医療・教育

医療従事者が職種の壁を越え連携して患者さんの治療にあたることを「チーム医療」といいます。薬剤師は感染対策チーム(ICT)、栄養サポートチーム(NST)、褥瘡対策チーム、がんや緩和医療チーム、糖尿病教室などに参加することで、薬の専門家として活動しています。また、院内外の研修や、各種学会の参加・発表を通して知識を高め、各種領域の専門薬剤師資格取得に向けて研鑽を積んでいます。その他、薬学生の病院実習を受入れるとともに、実務実習指導薬剤師の育成にも努めています。

10 薬剤科紹介パンフレット

病院薬剤師を希望される薬学生の方向けにパンフレットを作成しています。各都立病院薬剤科の概要や、先輩職員の声などを紹介しています。

病院薬剤師を希望される薬学生の皆様へ
病院薬剤師を希望される薬学生の皆様へ

病院薬剤師を希望される薬学生の皆様へ 平成27年8月 PDF [6.4MB]

 


 

11 その他(関連リンク)

  1. くすりの救Q箱 (東京都福祉保健局のホームページへ) 
    医薬品の種類・分類薬の正しい使い方副作用市販の薬を買うときには~まず専門家に相談を~調剤してもらうときには医薬品、健康食品等の個人輸入に注意!
  2. 日本薬剤師会のホームページへ東京都薬剤師会のホームページへ
  3. 日本病院薬剤師会のホームページへ東京都病院薬剤師会のホームページへ
  4. 添付文書検索 (独立行政法人医薬品医療機器総合機構のホームページへ)
    医療用医薬品添付文書検索ページ
    一般用医薬品添付文書検索ページ