都立病院 コメディカル部門のご紹介

心理部門

業務紹介

心理業務の主なものをご紹介します。診療科の違いなどによって各都立病院で実施されている心理業務の範囲や内容が異なる場合があります。詳しくは、各病院における心理業務紹介および各病院のホームページをご覧ください。

1 心理アセスメント

面接や観察・心理検査などにより、その人のこころの状態や特徴、発達の状況や課題を明らかにしていくもので、各診療科からの依頼を受けて、必要な心理アセスメントを行っています。心理検査には発達検査、知能検査、神経心理学的検査、パーソナリティ検査などがあり、目的に応じて種々の検査を組み合せて実施する場合もあります。

2 心理面接・心理的ケア

アセスメントをもとに症状の改善や発達の支援を目的としたカウンセリングや心理療法などの心理面接を行っています。形態としては、個人療法やグループセラピー、家族療法、心理リハビリテーションなどがあり、目的に応じて実施しています。また、発達相談や療育相談、緩和ケアなど、様々な相談活動や心理的ケアも行っています。

3 臨床心理的地域援助

アセスメントや相談の結果、必要があると判断された場合は、患者さんやご家族を対象とするだけでなく、患者さんやご家族のご了解のもとで、関連する学校や施設などと連携したり、社会資源の活用など環境面へ働きかけたりすることによって心理的課題へ対応することがあります。また、予防や理解促進のための啓発活動などを行うこともあります。

各都立病院の心理業務について

以下に各病院における心理業務の概要をご紹介します。各病院に通院中・入院中の方とそのご家族が対象になります。

各都立病院における心理業務紹介

広尾病院

広尾病院は、救急災害医療、心臓病、脳血管疾患医療を重点医療とする総合病院です。心理士は精神科病棟をもつ神経科に属しており、神経科を中心に各科の患者さんをお受けし、心理検査、心理面接などを行っています。

大塚病院 

大塚病院医療福祉相談ホームページへ
大塚病院は地域の医療機関との連携を大切にしながら、母子医療などに力を入れて取り組んでいます。
心理士は医療相談係に所属し、大塚病院各科の入院・外来患者さんやご家族の心理的な支援を行っています。具体的には、体や心の病気を抱えている方々への心理的なサポート、お子さんの発達評価や心理的問題に対する面接、小さく生まれてNICU(新生児集中治療室)などに入院されているお子さんのご家族の心理的サポートなどです。ご希望の方は担当医にご相談ください。

駒込病院 

駒込病院神経科ホームページへ
駒込病院緩和ケア科ホームページへ
駒込病院は、がんと感染症を中心とする高度な医療サービスを行う専門医療機関としての役割を果たすとともに、総合病院としての地域医療サービスも行っています。心理士は、神経科と緩和ケア科にそれぞれ配置されています。当院に受診されている方を対象に、神経科で医師の依頼を受けて心理検査やカウンセリングを行っています。また、緩和ケアチームの一員として、がんを中心とする身体疾患で当院で治療中の患者さん・ご家族の方への心理的ケアを、他職種と連携しながら行っています。
この他、当院で治療中の患者さんとご家族を対象に、「こころの相談室」を開設しています。

墨東病院

墨東病院は救急医療と総合医療の二つを担っています。心理士は平日午前中、神経科相談室にてソーシャルワーカーと共に、より適切な医療サービスが受けられるように電話や面談(予約不要)で受診相談を受けています。心理アセスメントや心理面接は、神経科・小児科・新生児科の依頼が中心になっていますが、救命救急センター、感染症科をはじめとして病院の機能が多岐に渡るため、子どもの養育や学校・会社での悩みについての相談、他者との接触を大きく制限された入院生活へのケア、緩和ケア、突然の事故に遭われた方やご家族へのケアなど、幅広く心理的ケアを行っています。また周産期母子医療センターでは、専属の心理士が、入院中だけでなく、フォローアップ外来も含めて母子に関わっています。

多摩総合医療センター 

多摩総合医療センター総合患者支援センターホームページへ
多摩総合医療センターは、①救急医療 ②がん医療 ③総合周産期 を三本柱とする急性期の病院です。心理士は医事課医療相談係に所属し、全科の入院・外来患者に対応します。
心理アセスメント・心理療法・カウンセリングの実施はもちろんのこと、虐待対策・周産期ケア・緩和ケアなど各種チームのメンバーとして、チーム医療の一端を担っています。精神科病棟では「絵画の時間」と称して創作活動の場を提供しています。近年は、がん患者さんやそのご家族の心理的サポートの要請が増加し、ベッドサイドでお話をうかがったり(病棟スタッフとの連携が重要)、がん患者さんのサロンに参加(集団精神療法的かかわり)したりしています。周産期ケアでは隣の小児総合医療センターの心理士やソーシャルワーカーと直接連絡協議しています。

神経病院 

神経病院神経精神科ホームページへ
神経病院は脳神経疾患の専門病院です。脳神経内科・脳神経外科・神経小児科などがあり、主に入院診療を行っています。心理士は神経精神科に所属し、入院患者さんやご家族を対象に、心理検査・評価や心理療法・相談を主な業務としています。検査としては神経心理検査を主体に行っています。また、他職種と協力して、ご本人やご家族を支える働きかけも行っています。ご利用に際しては担当医にご相談ください。

小児総合医療センター 

小児総合医療センター心理・福祉科ホームページへ
小児総合医療センターは、30を超える専門診療科があり、子どものこころとからだを総合して診る医療を実践しています。心理士は、「子ども家族支援センター」に所属し、子どもとご家族の支援にあたっています。
心理士は、外来・入院のお子さんに対する発達や精神面のアセスメント、心理面接・グループセラピーを実施している他、幼児から思春期年齢までを対象としたデイケアの運営などに携わっています。また、ハイリスクのお子さんや難病の患者さん・ご家族の方への心理的ケア、発達・療育相談などの親支援や家庭・学校など子どもをとりまく環境への働きかけや電話相談事業も重要な業務として他職種と協力して行っています。

松沢病院 

松沢病院心理室ホームページへ
松沢病院は、創立を明治時代にさかのぼるわが国有数の精神科病院で、精神科救急医療、精神科合併症医療、アルコール・薬物をはじめとした各専門医療などに取り組んできました。 時代に即し、さらに認知症専門治療や医療観察法に基づく入院、通院治療も推進しています。新たに平成23年には、精神医療センターとしてさらに先進的に精神科医療の体制を整えつつあります。
心理室では、精神科をはじめ、神経内科、脳神経外科、内科、リハビリテーション科など、各診療科の依頼に応じ、心理専門的業務を行っています。入院、外来ともに医療サービスの一環として、広い視野に立った患者中心の援助を目指しています。実際には、各種心理検査、心理相談、カウンセリング、集団精神療法、デイケアチームケア、アルコール専門チーム医療、認知症集団回想法、医療観察法に基づくチーム医療に関与しています。 詳しくは、松沢病院ホームページ心理室をご参照ください。