トップ > 都立病院の紹介 > コメディカル部門のご紹介 > 臨床検査部門 > 2 学会認定資格取得までのサポート体制について

都立病院 コメディカル部門のご紹介

臨床検査部門

  1. 臨床検査部門の取組~4つのQualityを強化します~

    (1)質の高い臨床検査を実施し、患者さんの満足度向上に取り組みます

    (2)医療スタッフとして、専門家として常に自己研鑽を行います

    (3)患者さんに安心して検査を受けてもらうために

    (4)明るく働きやすい職場作りを目指しています

  2. 臨床検査部門で受けられる検査を紹介します
  3. 都立病院の検査科を紹介します
  4. 学会発表等を紹介します
都立病院の臨床検査技師を目指す皆さんへ
  1. 職員からのメッセージ
  2. 専門性を磨き、学会認定資格を取得するまでのサポート
  3. 都立病院検査科の1日

 

都立病院の臨床検査技師を目指す皆さんへ

2 学会認定資格取得までのサポート体制について

(1)学会認定資格取得の背景と目的


 都立病院ではチーム医療で患者さんの病気の診断や治療に取り組み、患者さんのQOL向上を目指しています。検査科ではまず臨床検査技師としての基礎を習得し、365日24時間体制に対応します。次に担当分野について幅広い知識と技術を身に付けます。更にそれぞれの適性にあった学会認定資格を取得し、都立病院のチーム医療を支えます。

(2)人材育成について


 検査科の職員育成の指針として、採用当初より適性を考慮し早期に人材育成の方向性を決定します。育成に係る全職員に人材育成の目的を周知徹底し、高度な知識と技術を持つ職員を育成しています。

育成モデルタイプ
▲育成モデルタイプ

 育成モデルタイプ2の概要:
 ①採用1~3年は基礎を学び365日24時間体制に対応できる臨床検査技師を育成します。
 ②4~6年目には臨床に対しても担当業務の対応ができるように幅広い視野を持った技師の
  育成をします。また、島しょ医療にも取り組みます。
 ③7年目以降は適性にあった業務のスペシャリストとして学会専門資格取得を目指します。

 

(3)学会認定資格取得に向けた体制について


 都立病院で医療を担う一員として、職員一人ひとりが高度で専門的な医療を提供できる検査科を目指すため、専門資格の取得を進めています。

◆ 学会認定資格取得支援制度により、受験料や資格更新料等を支援します。

平成26年度資格取得支援制度対象資格
▲平成26年度資格取得支援制度対象資格

◆都立病院検査科として必要な専門資格者の充足度を確認しながら、特に不足している専門資格者を優先的に育成するよう努めています。
◆専門資格の複数取得を奨励しています。
◆延べ265名の臨床検査技師が17の学会認定資格を取得しています。

学会認定資格取得者数(平成27年7月現在)
▲学会認定資格取得者数(平成27年7月現在)

参考:臨床検査技師に関わる認定技師制度(社団法人 日本臨床衛生検査技師会)

http://www.jamt.or.jp/information/licence/licence.html