都立病院 コメディカル部門のご紹介

放射線部門

  1. 都立病院放射線科の理念
  2. 人材育成について
  3. 放射線科で受けられる検査・治療
  4. 各病院放射線科の特徴
  5. 患者さんによりそう放射線科
  6. 研究業績
  7. Q&A
  8. 職員紹介

7 Q&A

Question

Q1、妊娠中に放射線の検査をしました。胎児への影響はないでしょうか。
Q2、放射線検査の費用はどれくらいかかりますか。
Q3、子どもが放射線検査をしても大丈夫ですか。
Q4、PETとはどのような検査ですか。

Answer

Q1、妊娠中に放射線の検査をしました。胎児への影響はないでしょうか。

A.検査の内容によりお腹への放射線量は違いますが、例えば胸のレントゲン写真であれば、1万回程度で人体に影響があるかどうかという程度です。通常の検査では心配ありません。妊娠中または妊娠の可能性がある場合は、主治医か診療放射線技師にお知らせ下さい。

Q2、放射線検査の費用はどれくらいかかりますか。

A.検査の種類や内容によって異なりますが、大まかには次のような費用がかかります。(但し3割負担の方の場合)

CT検査 造影なし 約 4,500円 造影あり 約10,500円
MRI検査 造影なし 約 7,500円 造影あり 約12,000円
RI検査 骨シンチ 約18,000円 脳血流 約18,000円
Q3、子どもが放射線検査をしても大丈夫ですか。

A.新陳代謝の盛んな組織や細胞は放射線感受性が高いため、子どもは大人よりも3~10倍影響を受けやすいと考えられています。しかし、通常のX線検査では大人よりも少ないX線量で撮影できますし、必要に応じて防護を行います。私たちは、常に最小限の放射線量で最大限の効果をあげるよう努力していますので、安心して検査を受けてください。

Q4、PETとはどのような検査ですか。

A.PETとはポジトロン・エミッション・トモグラフィ(陽電子放射断層撮影)の略で、がんの早期発見に有効な最先端の検査です。がん細胞は正常細胞の3~8倍のブドウ糖を取り込むことを利用し、ブドウ糖によく似た薬(FDG)を注射して、発生する放射線を身体の外から専用のカメラで撮影します。薬の集まり方からがんの有無や進行の度合いが分かります。

都立病院では、駒込病院にPET‐CT装置が導入されており、費用は3割負担で約30,000円です。