都立病院 コメディカル部門のご紹介

栄養部門

栄養部門では医療の一環として、栄養・食事面から患者さんを支援しています。

そのために、「おいしく安全で病状に合った治療食の提供」「わかりやすく、実践しやすい栄養食事指導」「回復力を高める栄養管理」の3点をモットーに業務に取り組み、その他、研修・研究・教育活動にも力を入れています。

1 おいしく安全で病状に合った治療食の提供

入院患者さん一人ひとりの病状に合わせた治療食を提供しています。

2 わかりやすく、実践しやすい栄養食事指導

入院及び外来の患者さんで食事療法が必要な方には、医師の指示に基づき、管理栄養士が個別又は集団で栄養食事指導を実施しています。

3 回復力を高める栄養管理

入院患者さんのそれぞれの栄養状態を評価し、栄養・食事の面から様々なサポートをしています。

4 研修・研究・教育活動

医療における栄養の専門家として、高度な知識の習得や技術の向上に努めています。関連学会や研修会へも積極的に参加し、各種認定資格の取得に努めるとともに、積極的に研究・発表を行っています。
また、管理栄養士養成施設の臨地実習を受け入れています。

5 栄養科の職員紹介

都立病院で働く栄養士を紹介します。

 

1 おいしく安全で病状に合った治療食の提供

入院中の食事は、それぞれの患者さんの病状や年齢・性別及び噛む力・飲み込む機能に合わせたものを提供しています。

また、安全な治療食を提供するため、「東京都食品衛生自主管理認証(※)」の認定を受けるなど衛生管理の徹底を図っています。

東京都食品衛生自主管理認証制度

食品関係施設の営業者が日々取り組んでいる自主的な衛生管理を積極的に評価する制度です。申請した施設で行われている衛生管理の方法について、都が指定した審査事業者が審査し、都が定める基準を満たしていると認められた場合に認証されます。

食材の品質管理

料理は手作りを基本としています。原材料には、国産品を優先的に使用するなど、安全性と品質の確保に努めています。

個別対応

アレルギーや宗教上の理由による禁忌食品がある場合は、患者さんに合わせた個別の食事内容に調製しています。また、摂食嚥下障害のある方には、料理方法を工夫し、食べやすい形態の食事を提供しています。どうしても食べられない食品がある場合には、できる限り患者さんの嗜好に合わせた食べやすい食事が提供できるようにしています。

適温での食事提供

保温保冷配膳車などを使用して、温度管理を行い、あたたかいものはあたたかく、冷たいものは冷たい状態でお届けしています。

行事食

年中行事や季節のイベントにちなんだ「行事食」を提供しています。

行事食  (十五夜)
行事食(十五夜)
行事食  (秋の味覚)
行事食(秋の味覚)
出産祝い膳
出産祝い膳

選択食

複数のメニューからお好きな食事を選べる「選択食」を実施しています。

2 わかりやすく、実践しやすい栄養食事指導

糖尿病や脂質異常症(高脂血症)、高血圧などの生活習慣病では、生活習慣の見直し、とりわけ食生活の改善(食事療法)が大切です。また、これらの疾病の予備軍である「メタボリックシンドローム」は、心筋梗塞や脳血管障害などを引き起こす危険が高まることから、その改善が重要とされています。

都立病院栄養部門では、食事療法が必要な患者さん・ご家族に、医師の指示の下「栄養食事指導」を実施しています。栄養食事指導を希望される方は、担当の医師にお申し出ください。

個別栄養食事指導

入院及び外来の患者さんを対象に、それぞれの食事内容や生活スタイルに合わせて、食事療法が無理なく継続して実践できるよう個別に相談・指導を行っています。

集団栄養食事指導

糖尿病や高血圧の患者さんなどを対象に、「糖尿病教室」「減塩教室」を開催し、食事療法の基本について教室形式でお話ししています。(実施している教室は病院によって異なりますので、それぞれの病院にお問い合わせください)

栄養食事指導内容

糖尿病・高血圧・心臓病・腎臓病・脂質異常症(高脂血症)など食事療法が直接治療に関係する疾患のほか、消化器の手術後、妊娠中の体重コントロールや先天性代謝異常症の食事の注意など、栄養・食事に関する様々な相談をお受けします。

摂食嚥下障害のある方(食事のとりにくくなった方)への食事相談なども行っています。

食事療法のすすめ方

都立病院栄養部門が作製した、食事療法のすすめ方についての情報紹介ページです。

3 回復力を高める栄養管理

エネルギーやたんぱく質が不足して低栄養状態になると、免疫力が低下して感染症にかかりやすくなったり、手術後の合併症が増加したりします。

すべての入院患者さんについて、入院時の栄養状態を評価し、栄養管理計画を作成し、医師、看護師、管理栄養士、薬剤師などの多職種が連携して、個々の患者さんの栄養管理を行っています。

栄養サポートチーム活動

医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、言語聴覚士など多職種が共同して患者さんの栄養管理を実施する「栄養サポートチーム(Nutrition Support Team=NST)」活動を行っています。

栄養サポートチームは、低栄養の患者さんの回診や栄養管理に関する検討会などを定期的に実施し、「褥瘡(じょくそう)対策チーム」など他の医療チームとも連携しながら、入院患者さんの栄養状態改善の取組を行っています。

ベッドサイド訪問

必要に応じて、病棟担当管理栄養士がベッドサイドに訪問し、治療食の説明をしたり、患者さんから直接食事についてのご意見をうかがい、より食べやすい食事が提供できるように努めています。

4 研修・研究・教育活動

各種学会認定資格の取得

臨床分野でのより専門性の高い活動を目指しています。都立病院勤務管理栄養士が積極的に取得している各種学会認定資格は次のとおりです。

  • 糖尿病療養指導士
  • 栄養サポートチーム(NST)専門療法士
  • 病態栄養専門師
  • NSTコーディネーター

臨地実習の実施

各都立病院栄養部門では、管理栄養士養成施設の臨地実習受入れを行い、管理栄養士養成にも努めています。