トップ > 都立病院の紹介 > 墨東病院

都立病院の紹介

墨東病院

外観
墨東病院
センター的医療機能

三次救急医療/周産期医療/精神科救急医療

重点医療

感染症医療/がん医療/難病医療(リウマチ・膠原病系・特定内蔵系)/障がい者歯科医療/心臓病医療/脳血管疾患医療


特色

(1)救急医療 ~東京ER・墨東~区東部における“最後の砦”

東京ER・墨東 入口
ivr-ctIVR-CT

 区東部保健医療圏(墨田区、江東区、江戸川区)における唯一の救命救急センターとして、三次救急搬送患者受入件数及び救急車搬送患者受入件数は都内トップクラスです。新棟では、応需力の強化と治療効果の更なる向上などを図るため、IVR-CTを備えた救命撮影室や高気圧酸素治療室を整備しています。また、既存棟の改修に合わせ、救急優先の放射線機器の設置、脳卒中ケアユニット(SCU)、ハイケアユニット(HCU)を新設し、心疾患ケアユニット(CCU)を増設しました。さらに、入院直後からの急性期リハビリテーションを実施し、患者の早期回復を目指しています。

(2)区東部保健医療圏における唯一の総合周産期母子医療センター

 総合周産期母子医療センターとして、ハイリスクの妊産婦・新生児への高度医療の提供や搬送の受入れ・調整を行っており、母体搬送の受入件数は、都内トップクラスとなっています。施設面では、M-FICU(母体・胎児集中治療管理室)、NICU(新生児集中治療管理室)、GCU(中等症・回復期治療室)を有し、人材面では、国内初のNIDCAP※認定看護師や、NICU入院児支援コーディネーターを配置し、在宅移行も含め、児や家族への支援を行っています。また、出生体重1,500g未満の極低出生体重児には、9歳まで発達フォローアップを実施しています。

※NIDCAP:リスクを持った新生児や早産児及びその家族のヘルスケアの専門家に、発達ケアの教育トレーニングの機会を提供するプログラム

NICU
NICU
NICU
GCUでの相談風景
GCUでの相談風景


(3)高度・専門的な感染症医療の提供

第1種感染症病棟
第一種感染症病棟

 第一種感染症指定医療機関として、マラリア等輸入感染症の治療では、国内トップクラスの実績を有しています。新棟には、一種感染症病床2床、二種感染症病床8床を再整備する他、感染症緊急対応病床も整備するなどして、新型インフルエンザ等の感染症対策を更に充実・強化しています。この整備によって、独立病棟で、海外発生期、国内発生期、都内発生期といった段階に応じた受入れが可能となりました。
 また、エイズ診療拠点病院として、他県を含めたHIV患者を幅広く受け入れ、専門的医療を実施しています。

(4)がん医療の提供

外来化学療法室

  東京都がん診療連携拠点病院として、5大がんをはじめとして臓器別に専門分野を定め、手術治療・化学療法・放射線治療など集学的治療を実施しています。また、がんに伴う患者の体と心の痛みを和らげるため、医師、がん性疼痛認定看護師ら緩和ケアチームによる質の高いケアを行っています。

 さらに、外来通院でも安全・快適に抗がん剤治療ができる「外来化学療法室」や、がんに関する相談支援を実施するための「がん相談支援センター」を整備し、医師や看護師、薬剤師等が協力して患者をサポートしています。

概要

面積

敷地19,987㎡ 建物83,944㎡(本館、附属施設を含む)

予算規模

入院729床(普通689床、精神30床、感染症10床)、外来1, 400人/日

職員定数

1,196人(医師190人、看護要員794人、その他212人)

診療科目

内科、精神科、消化器内科、循環器内科、感染症内科、リウマチ科、小児科、外科、消化器外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、歯科、歯科口腔(くう)外科、救急科、病理診断科

指定状況

東京都災害拠点病院(地域災害拠点中核病院)、東京DMAT指定病院、東京都高度救命救急センター、総合周産期母子医療センター、感染症指定医療機関(第一種・第二種)、東京都脳卒中急性期医療機関、東京都CCUネットワーク加盟施設、 東京都がん診療連携拠点病院、神経難病医療ネットワーク事業拠点病院 等

主な設備

ICU(17床)、CCU(3床)、SCU(6床)、HCU(12床)、NICU(15床)、GCU(30床)、M-FICU(9床) 等

交通案内

JR総武線・地下鉄東京メトロ半蔵門線
錦糸町駅下車 徒歩6分

バス
江東車庫前下車 徒歩2分


墨東病院ギャラリー

24時間365日の救急診療体制(ドクターヘリによる患者搬送)
多職種によるチーム医療の実施(ICT)
患者本位の医療の推進(回診)

退院後の生活を見据えた取組(リハビリ訓練室)
質の高い医療の提供(放射線検査室)
充実した人材育成(院内研修)