トップ > 報告書 > 東日本大震災に伴う支援取組 > 2.災害医療派遣チーム(東京DMAT)の派遣

報告書 東日本大震災に伴う支援取組(平成24年3月26日更新)

2.災害医療派遣チーム(東京DMAT)の派遣

入院中の重症患者を救急車からヘリコプターに乗せ換え、市外へ転送(気仙沼市内五右衛門ヶ原運動場臨時ヘリポート)
入院中の重症患者を救急車からヘリコプターに乗せ換え、市外へ転送(気仙沼市内五右衛門ヶ原運動場臨時ヘリポート)
 DMATとは、Disaster Medical Team の略で、医師、看護師、事務職員等で編成され、大震災等の自然災害や交通事故等の災害現場で救命処置を行います。
気仙沼市にて東京消防庁職員と打合せ
気仙沼市にて東京消防庁職員と打合せ

取組実績

3月12日~16日(宮城県気仙沼市)
・広尾病院、墨東病院、多摩総合医療センターから計10名(医師・看護師・事務職員)を東京消防庁の車両にて派遣

お問い合わせ先
病院経営本部 経営企画部 総務課
電話 03-5320-5812