トップ > 報告書 > 都立病院再編整備関連 > 多摩広域基幹病院(仮称)及び小児総合医療センター(仮称)における計画病床数の変更について

報告書 再編整備情報(公表資料)


平成18年9月21日
病院経営本部

多摩広域基幹病院(仮称)及び小児総合医療センター(仮称)における計画病床数の変更について

東京都では、多摩広域基幹病院(仮称)及び小児総合医療センター(仮称)の整備にあたり、下記のとおり計画病床数を変更したのでお知らせします。



1 変更内容

小児総合医療センター(仮称)に設置を予定していた産科病床30床及びM-FICU(母体・胎児集中治療管理室)9床を多摩広域基幹病院(仮称)に設置することとし、多摩広域基幹病院(仮称)の病床数を789床に、小児総合医療センター(仮称)の病床数を561床に変更する。

計画病床数の変更について

2 変更理由及び変更による効果

  1. 産婦人科の医師不足が深刻化しており、産科医師を集約することにより、効率的な産科体制が構築できる。
  2. 総合周産期母子医療センターの産科部門(M-FICUと産科病床)を、成人女性のための総合診療基盤を有する多摩広域基幹病院(仮称)へ整備することにより、合併症妊娠や重症妊娠中毒症、切迫早産等のハイリスク妊娠に的確に対応することが可能になる。

お問い合わせ先
病院経営本部 経営企画部 総務課 開設準備担当
電話 03-5320-5807(多摩)
電話 03-5320-5848(小児)