代表電話番号03-3444-1181

予約専用電話番号03-3446-8331

各診療科・部門紹介

血管内治療センター

特色・専門領域

★ちらしイメージ図.jpg


センター長
循環器科医長
深水 誠二

従来は手術で治療していた疾患に対して、カテーテルを血管に挿入することで治療をするのが血管内治療です。医療技術の進歩によって、治療対象となる病気は日々拡大しています。対象となる体の部位は脳から下肢までの全身にわたり、個々の患者さんにより適切な負担の少ない医療を提供すべく当センターでは各部位の専門家が結集して治療部門を作っています。

主な診療内容

当院の診療科が連携して、様々な血管に関わる疾患に対し「血管内治療」を提供する診療体制です。
従来は手術で治療していたような疾患も、血管内にカテーテルを挿入するなど、患者様の体に負担の少ない方法で治療することが可能です。たとえば、次のような治療を行っています。

脳血管 脳動脈瘤に対して コイル塞栓術
頸動脈狭窄症に対して ステント留置術
脳梗塞急性期に対して 血栓回収療法
大動脈 大動脈瘤に対して ステントグラフト
末梢血管 下肢閉塞性動脈硬化症に対して 血管再建術
腹部血管疾患に対して 血管内治療
透析内シャントに対して シャントPTA(経皮的血管形成術)
不整脈 心房細動などに対して カテーテルアブレーション
心臓突然死予防に対して 植込み型除細動器(ICD、CRT-D)
心血管 狭心症・心筋梗塞に対して 冠動脈インターベンション
重症心不全に対して 補助循環治療(IABP、PCPS、IMPELLAなど)

血管内治療センターの体制

循環器科

心筋梗塞や狭心症に対して、心臓カテーテル治療を積極的に行っており、良好な成績を得ております。最近ではエキシマレーザー、ロータブレーター、方向性粥腫切除デバイスを用いた冠動脈アテレクトミー血管形成術と薬剤コーティングバルーンを組合わせたステントレス治療にも積極的に取り組んでおります。末梢血管では、四肢動脈・腹部動脈の経皮的血管形成術・ステント留置術、また、深部静脈血栓症に対するカテーテル血栓溶解療法も行っております。他院で治療が難しいと判断された方でも、ぜひ一度ご相談ください。

心臓血管外科

大動脈瘤は通常無症状です。検査等で指摘された場合はぜひご相談ください。

脳神経外科

脳血管内治療専門医が常時対応させていただきます。脳血管内疾患の中では、至急での対応を要するため、ぜひともご相談ください。

診療放射線科

肝細胞癌に対する化学塞栓療法は1,000例以上の実績があります。当院は救命救急センターを有しており、消化管出血や喀血、外傷による出血など、緊急性を有する塞栓術の経験が豊富です。その他、腹部臓器や肺の動脈瘤、AVMなどの診断・治療も可能です。外来は行っておりませんが、院内各診療科と連携し、当センターを支援しています。

腎臓内科

血液透析の際に使用する内シャントの狭窄に対して、シャントPTA(経皮的血管形成術)を行います。お困りの際には是非ご相談ください。

予約方法

予約センターに電話でご予約ください。予約の際は、予約する診療科名をお伝えください。

予約センター
電話番号 03-3446-8331
受付時間 平日 9:00~17:00/土曜 9:00~11:30

最終更新日:2018年9月5日