代表電話番号03-3444-1181

予約専用電話番号03-3446-8331

各診療科・部門紹介

閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症―歩行時の下腿(ふくらはぎ)の痛み、足の冷感、足の脈の触れが弱いなど

虚血性心疾患は動脈硬化が冠動脈におこり生じますが、動脈硬化は全身の血管におこる変化であるため下肢の血管におこることもあります。下肢の血管が動脈硬化により、閉塞したり狭窄したりすると以下のような症状が現れます。足が冷たかったり、足背の脈拍の触れが弱くなったり、間歇跛行(かんけつはこう)といって歩くと下腿(ふくらはぎ)の筋肉が痛くなるなどの症状です。この様な病気を閉塞性動脈硬化症と呼んでいます。虚血性心疾患と同様に、糖尿病、高脂血症、喫煙、高血圧を持っている患者様に発症しやすいことが知られています。重症であると下肢の血管が閉塞し、下肢が壊死してしまうこともあります。また、閉塞性動脈硬化症は、腰部脊柱管狭窄症(腰椎椎間板ヘルニアなどにより神経が圧迫されて下肢の症状がでる病気)と症状が似ていることがあり注意が必要です。

当院での検査、治療

  1. ABI(ankle-brachialpressure index): これは非常に簡単なもので、くるぶしの最高血圧を肘の最高血圧で割ったものです。つまりABI= (くるぶしの最高血圧)÷(肘の最高血圧)で、ABIが0.9以下であると閉塞性動脈硬化症の疑いとなります。
  2. CT、MRI:ABIで閉塞性動脈硬化症が疑われた患者様にはCTやMRIを施行し血管の狭窄、閉塞の程度を評価します。

これらの検査で閉塞性動脈硬化症と診断した場合に治療を行います。

  1. 生活指導、薬物治療
    閉塞性動脈硬化症では、下肢のちょっとした傷が感染しやすくなり重篤となることが知られています。そのため、下肢を清潔に保ち傷つけないように注意することが必要です。また、抗血小板薬、血管拡張薬などの内服治療を行います。
  2. カテーテル検査および治療(経皮的血管形成術)
    太ももの付け根(大腿動脈)もしくは肘(上腕動脈)から太さ1.4mm-2.0mmのチューブを挿入し、造影剤を注入することによって評価します。
    狭窄病変に対してバルーン拡張やステント(円筒状の金属性の網)で血管を拡張します。

最終更新日:2018年2月28日