代表電話番号03-3444-1181

予約専用電話番号03-3446-8331

各診療科・部門紹介

リハビリテーション科

特色・専門領域

リハビリテーションは、障害を持った患者さんに対し、その障害を可能な限り回復させ日常生活の質を向上させることを目標としています。一言で障害といってもその内容はさまざまです。当院では患者さん一人一人の障害や状態にあわせた最善のリハビリテーションを提供しています。
リハビリテーション科では、当院の特色である救急医療と関連し、近年重要視されている急性期リハビリテーションに特に力を入れています。主に入院患者さんを対象に、運動器リハビリテーション、脳血管リハビリテーション、呼吸器リハビリテーション、廃用症候群リハビリテーションを行っています。
運動器リハビリは当院が救急災害医療を重点医療課題にしていることもあり、外傷に対する急性期リハビリを中心に行っています。また当院整形外科末梢神経外傷・疾患診断治療センターと連携し、腕神経叢損傷など専門性の高い神経外傷の術後リハビリも行っています。
脳血管リハビリは当院の重点医療課題である脳血管疾患医療に関連し、脳卒中に対して回復を左右する重要な時期とされている急性期リハビリテーションに特に力を入れています。
また、呼吸器リハビリは呼吸器科と連携し慢性閉塞性肺疾患(COPD:肺気腫、慢性気管支炎)に対する入院での呼吸リハビリテーションを行っており、呼吸器疾患をお持ちの患者さんの日常生活の質の向上を支援しています。 それ以外にも、入院による筋力、日常生活能力の低下に対して、廃用症候群リハビリテーションを行っています。 また、各専門職種間の連携を図り、カンファレンスを定期的に行い、治療中の問題点の検討や治療方針の確認をしながら訓練を実施しています。

主な診療内容

リハビリテーション部門では、医師の指示の下、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)が、急性期の入院患者さんを中心に早期から訓練を開始しています。

理学療法

関節可動域訓練、筋力強化の他、座る、立つ、歩く、といった基本的動作訓練を通して、日常生活が円滑にできるよう支援しています。多部位外傷や骨折、人工関節置換術後等の整形外科疾患、脳血管疾患、頭部外傷、その他、廃用症候群や呼吸器疾患等多様な疾患に対応しています。

作業療法

日常生活動作が円滑にできるよう、手や肩の訓練、更衣や食事動作といった生活動作訓練、また高次機能障害に対する集中課題も行っています。主に脳血管疾患や頭部外傷および手の骨折、外傷、腕神経叢麻痺等の訓練を実施しています。

言語聴覚療法

主に脳損傷の後遺症である言語障害(失語症・構音障害など)や高次脳機能障害(注意障害・記憶障害など)を対象に言語、高次脳機能の評価・訓練を実施しています。また、食物がうまく飲み込めない嚥下(えんげ)摂食障害に対する評価・訓練・助言も行っています。

診療実績

診療科別内訳(平成30年度)
理学療法作業療法言語療法
依頼科件数比率件数比率件数比率
整形外科 390 28.5% 145 38.8% 6 2.1% 541
脳神経外科/内科 308 22.5% 182 48.7% 193 66.3% 683
救命科 113 8.2% 13 3.5% 34 11.2% 160
循環器科 137 10.0% 2 6.5% 23 7.9% 162
外科/心臓外科 161 11.8% 4 1.0% 22 7.8% 187
呼吸器科 96 7.0% 8 2.1% 7 2.4% 111
その他 164 12.0% 20 5.3% 6 2.1% 190
合計 1,369 100% 374 100% 291 100% 2,034
疾患別内訳
平成30年度平成29年度平成28年度
運動器リハ 572 526 529
脳血管リハ(廃用以外) 424 392 356
廃用症候群 254 265 176
呼吸器リハ 132 142 119
合計 1,482 1,325 1,180

外来診療担当医

リハビリテーション科の外来担当表はこちらをご覧ください。

最終更新日:2019年7月31日