代表電話番号03-3444-1181

予約専用電話番号03-3446-8331

各診療科・部門紹介

産婦人科

特色・専門領域

当院が救急医療及び島嶼医療を重点医療としているため、当科においても産科や婦人科に係わる急性腹症や腹腔内出血、性器出血などの失血による救急疾患に対応しております。また、神経科を持つ総合病院の特性を生かし、あらゆる合併症を持つ産科疾患や婦人科疾患にも対応しております。

婦人科

  • 子宮外妊娠や卵巣出血、卵巣嚢腫茎捻転、筋腫分娩などの救急疾患に対応しております。
  • 婦人科腫瘍、特に子宮癌や卵巣癌に対して、進行例の術前化学療法や旁大動脈リンパ節郭清を含む手術療法、術後化学療法、更に放射線科とのタイアップで放射線療法も行っております。また、良性腫瘍(子宮筋腫、卵巣嚢腫など)の場合には条件によっては内視鏡下手術でも対応しております。
  • 各種の婦人科炎症性疾患や感染症疾患にも対応し、保存療法から手術療法まで的確な治療を提供しております。
  • 入院患者さんに対してはチーム医療の体制をとっておりますが、基本的には主治医制となっており、医師と患者さんとの距離が近く、診察・手術・術後管理まで行っております。

産科(周産期)

  • お産はあくまで自然分娩を基本理念として対応しております。しかし、適応があれば誘発分娩や帝王切開分娩にも積極的に対応しております。
  • NICUが併設されていないため、基本的には妊娠35週未満や胎児推定体重2000g未満の分娩には対応できませんが、小児科との連携により、妊娠35週未満でも娩出児のNICU管理が不要な分娩の場合は対応しております。
  • 常位胎盤早期剥離や前置胎盤、子宮破裂などの産科救急疾患には、娩出児のNICU管理が不要な妊娠週数の場合は積極的に対応しております。
  • 合併症妊娠(糖尿病、高血圧、甲状腺疾患、精神疾患等)に対しては、当院の他科担当医と協議の上。可能な限り管理対応しております。但し、経過観察の中で分娩が余儀なくなった時点で、娩出児のNICU管理が必要な症例については、個別に対応を協議し、適時母体搬送としております。

助産師による取組み

  • 毎月うぶ声クラス(母親学級)を開催しております。立会い出産のための両親学級を兼ねておりますので、ご夫婦または妊婦さんのご参加を是非お待ちしております。ご主人からの育児相談や妊娠中の奥さんへのサポートの相談もお受けしておりますので、当科にご紹介頂く際には是非ご案内して頂ければ幸いです。お申し込みは、産婦人科外来で保健指導の際にお受けしております。
  • 平成23年6月から、通院中の妊婦さんが安心して出産が迎えられるように、助産師によるマザーケア外来を開設いたしました。専門のスペースでお話を伺いながら30分程度の時間をかけて行います。外来から入院後の出産まで助産師が心を込めてサポート致しますので、是非ご活用ください。
  • 繁忙を極める産婦人科の現場ですが、可能な限り地域の皆さんと共に頑張っていきたいと思っております。分娩件数の制限など何かとご不便をおかけ致しますが、何卒ご配慮の程よろしくお願い申し上げます。

産科病棟

  • 母児の安全と医療の質の確保はもとより、これまで産み易い環境作りを心掛けてまいりました。そのため、陣痛室も広くして夫や家族が産婦さんに付添える場所を確保し、そのスペースに家族のための椅子やソファーを設置しています。
  • 「緑の東京計画」屋上緑化の推進試作計画の一環として、産科・小児科病棟のフロアーに250平米の緑の庭園(太陽の庭)が設置されています。
  • 病棟にコインランドリーや洗髪台のスペースを取り入れたり、産まれた日の赤ちゃんを真ん中に両親の写真入りメッセージカードを誕生記念に差し上げたり、その他にもカンガルーケアーや両親学級の充実など、産科病棟では、都の患者の権利章典に則った「患者中心の医療」を理念として対応しています。

関連リンク

主な診療内容

婦人科疾患の全般に対応

  • 感染症(性感染症、骨盤内炎症性疾患等)
  • 腫瘍・類腫瘍(子宮頚部異形成、子宮内膜増殖症、子宮頚癌、子宮体癌、卵巣癌、卵管癌、絨毛性疾患、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫、バルトリン腺嚢腫等)
  • 内分泌・不妊(月経困難症、機能性子宮出血、多嚢胞性卵巣、無月経、排卵異常、不妊症等)
  • 女性ヘルスケア(更年期障害、性器脱、月経前症候群、萎縮性腟炎、避妊(ピル、避妊具)月経調整等)

産科疾患(NICUを要さない)の全般に対応

  • 妊婦健診・自然分娩・異常分娩(吸引分娩、帝王切開等)
  • 異常妊娠管理(重症悪阻、切迫流早産、胎児奇形、頸管無力症、前置胎盤、羊水過多・過少、胎児発育不全、巨大児、骨盤位、常位胎盤早期剥離、子宮破裂等)
  • 合併症妊娠管理(子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮頚部異形成、子宮頚癌、感染症、糖尿病、高血圧症、甲状腺異常、血液型不適合、精神疾患、他等)

診療実績

代表的な疾病(平成28年)
病名件数
分娩 597
流産 32
婦人科悪性腫瘍 18
子宮良性腫瘍 45
卵巣良性腫瘍 18
手術実績(平成28年)
病名件数
帝王切開術 79
子宮筋腫手術 15
卵巣嚢腫手術 15
悪性腫瘍手術 14
腹腔鏡下手術 0

外来診療担当医

産婦人科の外来担当表はこちらをご覧ください。

最終更新日:2018年4月5日