代表電話番号03-3444-1181

予約専用電話番号03-3446-8331

各診療科・部門紹介

手外科・末梢神経疾患

手根管症候群

手首にある手根管という管の中で、正中神経が絞扼される疾患です。比較的女性に多く、妊娠、閉経などをきっかけに発症しますが、手首の使い過ぎや骨折などが原因となることがあります。手指のしびれ(親指から薬指にかけて)が主症状ですが、進行すると親指の付け根の筋萎縮を生じます。しびれなどの臨床症状や神経伝導速度検査などを合わせて診断します。まず治療法としては、内服薬、ブロック注射、装具による局所の安静などを行いますが、進行した症例には手術治療を行います。手術は、小さな皮切で行う手術や内視鏡で行う手術などがありますが、当院では、小さな皮切による手根管開放術を選択しております。

手根管症候群(右手):進行すると親指の付け根の筋肉がやせてきます。

手術写真:当院では小さい皮切で神経を直接見て手術を行っています。

肘部管症候群

肘の内側で、尺骨神経が周囲と癒着し絞扼される疾患です。投球スポーツ、肘関節の老化、小児期の骨折による肘関節の変形などが原因となります。小指と薬指がしびれます。進行すると手の中にある筋肉が萎縮し、指が伸ばせなくなります(鷲手変形)。しびれなどの臨床症状や神経伝導速度検査などで診断します。手根管症候群と異なり、保存療法の効果は限定的で、手術(神経剥離術)が必要となることが多いです。


鷲手変形:指を伸ばそうとしても伸ばせません。

前骨間神経麻痺

急激な肩から腕にかけての痛みの後に、親指と人差し指を曲げることができなくなります。現在のところ原因はわかっていません。神経の炎症であり、免疫反応が関係しているという説もあります。まだまだ不明な点が多いため、学会レベルでも定まった治療方法はありません。手術をしなくても自然に麻痺が改善することもありますが、手術で神経を確認してみると、砂時計のようにくびれていることが多いです。当院では、これまでの多くの患者様の経験から、発症後6カ月~9カ月までに麻痺の改善が見られない方に神経を剥離する手術をおすすめしています。

神経が砂時計のようにくびれています。

腕神経叢損傷

バイク事故で起こることの多い神経外傷です。上肢に広範囲の麻痺を生じます。脊髄から神経が引き抜けていることも多く、臨床症状(どの筋肉が麻痺しているか、どの部分の感覚異常があるかなど)や画像検査(脊髄造影、MRIなど)、筋電図検査などで診断します。麻痺のひどい場合は、手術治療となります。神経を移植したり、神経移行術や腱移行術などの機能再建術を行います。受傷後時間が経つと実施不可能になる手術もあるため、早期に専門医を受診することが必要となります。

脊髄造影検査:神経が脊髄から引き抜けると造影剤が漏出する

ばね指・狭窄性腱鞘炎

手指を動かす腱の炎症により、腱の動きがスムーズに起こらず、痛みを生じる疾患です。指が曲がったままロックされることもあります。指の使い過ぎ、妊娠、閉経などが原因とされています。糖尿病や透析患者によく起こるとも言われています。同じような症状が手首の親指側で生じるのをドケルバン病とも呼びます。局所の安静、消炎鎮痛剤(湿布や内服)、ステロイドの注射で治療します。保存療法で治らない場合は、手術(腱鞘切開術)を行います。

ばね指とドケルバン病 (出典:日本手外科学会パンフレット)

手指変形性関節症

へバーデン結節やブシャール結節と呼ばれることもあります。膝関節などのように指の関節の軟骨が摩耗し、関節の変形を生じます。40歳代以降の女性に多いとされていますが、骨折などの外傷の結果、関節の変性が起こることもあります。症状としては、関節の変形や運動時痛ですが、関節近傍に水ぶくれができることもあります。レントゲン写真では骨のとげ(骨棘)が見られます。治療として、薬物療法を行ったり、局所のテーピングなどを行います。それでも日常生活に困るようなら、手術治療(関節形成術、関節固定術、人工関節)を行います。


第一関節がすり減り、変形しています。

へバーデン結節:関節の傍に水ぶくれができることもあります。

ブシャール結節

母指CM関節症

おや指の付け根の関節の軟骨がすり減ることにより、物をつまむ時やびんの蓋を開ける時などに痛みが出ます。使い過ぎや加齢の影響で生じるとされていますが、脱臼や骨折などの外傷後に生じることがあります。まずは保存療法(投薬、装具、関節注射など)を行いますが、無効な例には手術(関節形成術、関節固定術など)を行います。


レントゲン写真:親指の付け根の関節がすり減っています。

テニス肘・上腕骨外側上顆炎

物をつかんだり、タオルを絞る時に肘の外側から前腕にかけての痛みがでます(肘内側が痛む場合もあります)。筋肉の骨への付着部の変性により生じると考えられていますが、肘関節内に組織が挟まることで痛みを生じることもあります。保存療法(ストレッチ、外用薬、ステロイド注射など)をまず行いますが、奏功しない場合は、手術治療を行います。


肘の外側の皮膚や皮下組織が萎縮してきます。

手術写真:腱の骨への付着部が変性しています。

デピュイトラン拘縮

原因は不明ですが、手のひらから指にかけて硬結(しこり)ができ、皮膚がひきつれて指の運動に支障がでます。同じようなしこりが、足の裏にできることもあります。指がひきつれて困る場合は、手術により増殖した腱膜を切除します。最近では、患部に薬物を注射して、腱膜を溶かして指の拘縮を改善する治療もあります。

くすり指の皮下に異常な索状物ができ、動きが制限されています。

術後写真:異常な腱膜を切除することにより、指が正常に動くようになりました。

最終更新日:2018年2月28日