代表電話番号03-3444-1181

予約専用電話番号03-3446-8331

各診療科・部門紹介

外傷性疾患

四肢外傷

非常に一般的な、転倒して手をついて受傷するような手首の骨折、足をひねって受傷する足首の骨折はもちろん、大きな力が加わって折れる、太ももや、すねの骨折、比較的早急な対応が必要となる小児の骨折まで幅広く対応します。

橈骨遠位端骨折(手首の骨折)と手術後(プレート固定)

小児の上腕骨顆上骨折(肘の骨折)と緊急手術後(鋼線固定)

スキーによる脛腓骨骨折(すねの骨折)と手術後(プレート固定)

高齢者の大腿骨近位部骨折

近年増加の一途をたどる、ご高齢の方の大腿骨近位部骨折ですが、当院では、なるべく早く手術をして、すぐにリハビリテーションができるように心がけています。現在、体に大きな問題のない方では、受傷後48時間以内の手術を目指しています。

大腿骨転子部骨折と手術後(髄内釘)

大腿骨頸部骨折と手術後(人工骨頭挿入手術)

難治骨折、外傷後変形・脚長不等

時に、骨折の治療を行っても、入れた金属が破損したり、ばい菌が傷口から入ってしまい、骨がつかずに難渋することがあります。また、残念ながら、骨癒合しても、腕や足が曲がって治ってしまうことや、左右の長さに違いが残ってしまうこともあります。これらに対しても、時にイリザロフ型創外固定器を使用して治療していきます。

大腿骨骨折術後の金属破損と再手術後(プレート固定)

上段:脛骨骨折術後の人工骨(白い人工骨)感染と皮膚からの排膿
下段:イリザロフ創外固定器使用手術と骨癒合後

最終更新日:2018年2月28日