代表電話番号03-3444-1181

予約専用電話番号03-3446-8331

各診療科・部門紹介

鼠径ヘルニア

どんな病気?

鼠径部(足の付け根)の筋膜の間から腹腔内の脂肪や腸管が脱出し鼠径部の膨隆を引き起こします。

症状は?

鼠径部(足の付け根)の膨隆です。大きさには個人差がありますが、徐々に大きくなり痛みを伴ったり、嵌頓(筋膜の間に腸管がはまりこみ腸管壊死や腸閉塞などを伴う)することがあります。

診断

主に触診(触れる診察)で診断可能ですが、まれに大腿ヘルニア(鼠径部より下の大腿三角からのヘルニア)を合併していることがあり、画像検査(腹部CT)が有用です。

治療

治療は基本的に手術になります。手術には体表からアプローチする方法と腹腔内からアプローチする方法の2通りあります。体表からアプローチする方法は通常,腰椎麻酔で施行可能であり,創の大きさは7~8cm程度です.腹腔内からアプローチする方法は腹腔鏡下手術になります。いずれの場合も,ヘルニアの原因である鼠径部の弱い部分をメッシュなどの人工物で補強する手術が主流です。

最終更新日:2018年2月28日