代表電話番号03-3444-1181

予約専用電話番号03-3446-8331

各診療科・部門紹介

外科(消化器一般乳腺・呼吸器外科)

特色・専門領域

当科では、消化器・乳腺・呼吸器の悪性腫瘍、急性虫垂炎や胆石症・胆嚢炎、鼠径ヘルニアなどの良性疾患を中心に、外科治療を行っています。特徴としては以下が挙げられます。

  1. 低侵襲手術(腹腔鏡下手術、胸腔鏡下手術)
  2. 治療期間の短縮化(悪性腫瘍では迅速に精密検査し、ご紹介から1~2週間で手術)
  3. 救急への対応

大腸癌・胃癌をはじめとする悪性腫瘍の治療は、当科の診療の中心となっています。腹腔鏡下手術をはじめとする低侵襲治療の導入により、以前に比べて術後疼痛の軽減、入院期間の短縮につながっています。当科では日本内視鏡外科学会の技術認定医を中心に、安全かつ精度の高い低侵襲手術を施行しています。
悪性腫瘍の場合、術前もしくは術後に化学療法(いわゆる抗がん剤治療)が必要な場合があります。この場合も化学療法に精通した当科のスタッフが行いますので、手術と化学療法がスムーズに行える利点があります。
救急は当院の重点医療であり、 24時間体制で1次から3次救急まで対応しています。急性腹症、外傷、自然気胸などを中心として様々な救急疾患を受け入れています。通常勤務帯は当番医が、夜間・休日は当直医が迅速に対応いたします。複数のチームで診療していますので、応援体制も万全で重症例にも集中管理で対応いたします。
いずれの疾患におきましても各領域のスペシャリストが、最新かつ良質な外科治療を安全に提供するよう努めています。安心して受診していただきたいと思います。

  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 日本消化器外科学会 専門医制度指定修練施設
  • 日本大腸肛門病学会 認定施設
  • 日本がん治療認定医機構 認定研修施設
  • 呼吸器外科専門医認定機構 認定修練施設

※2017年3月をもって、レディースケアセンターは終了しました。女性医師をご希望の場合は、川上医師のご予約をお取り下さい。
※当科ではNational Clinical Database (NCD) に参加しております。以下URLをご参照ください。

上部消化管外科

下部消化管外科

肝胆膵外科

乳腺外科

呼吸器外科

診療実績

外傷、急性腹症、気胸などの救急疾患から再発・緩和まで長い診療期間を必要とする悪性腫瘍まで診断・手術から化学療法や緩和治療まで、専門医・指導医資格を有するスタッフ包括的かつ専門的な診療を行っています。
また,本邦における外科系学会の認定施設として、専門医の育成を担当しています(日本外科学会認定施設,日本消化器外科学会認定施設,日本大腸肛門病学会認定施設)。

入院件数

平成28年度入院件数
疾病名件数
小腸・大腸 260
急性腹症 185
肝胆膵 99
呼吸器・縦隔 74
腹壁・体表 72
食道・胃 47
肛門疾患 21
外傷 7

手術件数

平成28年度手術件数
術名件数
大腸癌 71
虫垂切除 64
胆摘(良性疾患) 56
ヘルニア 51
呼吸器縦隔 47
消化管穿孔・腸閉塞 35
胃十二指腸 26
肛門 20
肝胆膵悪性腫瘍 19
乳癌 16

シニアレジデント募集

外科専門医を取得することを目標とする外科シニアレジデントを受け付けています。当科は後期研修医が習得すべき基本的な良性疾患の手術から悪性疾患に対する手術まで幅広く対応しており、症例も豊富です。1次~3次救急にも対応しているので、緊急手術への対応・周術期管理も習得できます。更に、呼吸器外科・心臓血管外科ともに十分な症例を有しているため、当院での研修だけで外科専門医取得に必要な症例数を経験することが可能です。
施設見学は基本的に常時受け付けておりますので、「病院見学申込」をご確認ください。

外来診療担当医

外科の外来担当表はこちらをご覧ください。

最終更新日:2018年6月8日