診療科のご案内

リハビリテーション科

特色・専門領域

  リハビリテーションは、障害を持った患者様に対し、その障害を可能な限り回復させ日常生活の質を向上させることを目標としています。一言で障害といってもその内容はさまざまです。当院では患者様一人一人の障害や状態にあわせた最善のリハビリテーションを提供しています。
 リハビリテーション科では、当院の特色である救急医療に関連し、最近重要視されている急性期リハビリテーションに特に力を入れています。主に入院患者様を対象に、運動器リハビリテーション、脳血管リハビリテーション、呼吸器リハビリテーションを行っています。運動器リハビリは当院が救急災害医療を重点医療課題にしていることもあり、外傷に対する急性期リハビリを中心に行っています。また当院整形外科末梢神経外傷・疾患診断治療センターと連携し、腕神経叢損傷など専門性の高い神経外傷の術後リハビリも行っています。脳血管リハビリは当院の重点医療課題である脳血管疾患医療に関連し、脳卒中に対して回復を左右する重要な時期といわれている急性期リハビリテーションを中心に行っています。また、呼吸器リハビリは呼吸器科と連携し慢性閉塞性肺疾患(COPD:肺気腫、慢性気管支炎)に対する入院での呼吸リハビリテーションを行っており、呼吸器疾患をお持ちの患者様の日常生活の質の向上を支援しています。

スタッフ紹介

氏名 役職 専門 資格
星川 慎弥
医長
リハビリテーション科一般 日本整形外科学会 専門医

リハビリテーション部門紹介

 リハビリテーション部門では、医師の指示の下理学療法士(PT)4名・作業療法士(OT)1名・言語聴覚士(ST)1名の常勤職員の他、非常勤職員で、急性期の入院患者様を中心に早期から訓練を開始しています。

理 学 療 法:
関節可動域訓練、筋力強化の他、座る、立つ、歩く、といった基本的動作訓練を通して、日常生活が円滑にできるよう支援しています。
多部位外傷や骨折、人工関節置換術後等の整形外科疾患および脳血管疾患、頭部外傷の他、廃用症候群や呼吸器疾患等多様な疾患に対応しています。
作 業 療 法:
日常生活動作が円滑にできるよう、手や肩の訓練、更衣や食事動作といった生活動作訓練、また高次機能障害に対する集中課題も行っています。
主に脳血管疾患や頭部外傷および手の骨折、外傷、腕神経叢麻痺等の訓練を実施しています。
言語聴覚療法:
主に脳損傷の後遺症である言語障害(失語症・構音障害など)や高次脳機能障害(注意障害・記憶障害など)を対象に入院リハビリテーションを実施しています。また、摂食嚥下障害に対する評価・訓練・助言も行っています。


このページの先頭へ戻る