診療科のご案内

形成外科

特色・専門領域

 重度の原発性腋下多汗症に対するボトックス注射を開始しました。お気軽にご相談ください。

 形成外科は頭から足先までの体表面における変形や機能障害を治療する診療科です。当院では主に(1)外傷、(2)皮膚・皮下腫瘍、(3)先天異常、(4)組織欠損の再建、(5)難治性潰瘍、(6)機能障害を伴う美容外科的疾患を対象にしています。

(1)
外傷:熱傷(やけど)、顔面骨骨折、手指の切断、四肢の]R脱創など、救命救急センターとの協力体制のもと、重篤な外傷の受け入れを行っております。特にやけどに関しては、当科は東京都熱傷連絡協議会の参加施設であり、広範囲重症熱傷患者も受け入れています。急性期の救命から社会復帰に向けた機能・整容的改善を目的とした治療まで一貫して行っています。軽症のやけどやその他の外傷に対しては、特に整容的な結果を考慮した創処置を行い、傷がきれいに治るように後療法に努めています。また、他の医療施設で初期治療を受けた外傷や、手術により生じた瘢痕(きずあと)、瘢痕拘縮(ひきつれ)、その他の変形についてのご相談に対応します。
(2)
皮膚・皮下腫瘍:体表面全体の腫瘍(悪性腫瘍、良性腫瘍)の治療を行います。形成外科では組織の移動を得意としており、広範囲な腫瘍切除が必要な場合でも機能・整容面に考慮した切除・再建手術を行っています。また、小さい腫瘍に対しても形成外科的手法により、整容的に配慮した手術を行い、傷跡の治療も同時に開始します。  
(3)
先天異常:生まれつき認める体表面の異常(特に手足、顔面)、臍ヘルニア、副乳、あざなどを治療します。
(4)
組織欠損の再建:乳癌・頭頚部癌切除後(一期的もしくは二期的)、外傷による組織欠損・変形に対し、マイクロサージャリー(顕微鏡下手術)などの形成外科的手法により、整容的・機能的修復を行います。  
(5)
難治性潰瘍:褥瘡(床ずれ)、血流障害などによる治りにくい潰瘍の治療を行います。
(6)
その他:保険診療の範囲内で、ほくろ、眼瞼下垂、腋臭症(わきが)、陥没乳頭などの疾患に対して、手術を行っています。

診療実績


手術実績(平成28年)
病名
件数
皮膚皮下腫瘍摘出術
104
顔面骨骨折手術
46
熱傷・瘢痕形成術(入院)
29
切断指再接着、神経縫合
46
眼瞼下垂手術
13


スタッフ紹介

氏名 役職 専門 資格
森田 尚樹
部長
外傷外科
皮膚腫瘍外科
熱傷
日本形成外科学会 専門医
皮膚腫瘍外科指導 専門医
日本救急医学会 専門医
医学博士
日本外科学会 認定医
日本熱傷学会 専門医
日本創傷外科学会 専門医
江花 梨沙
医員
皮膚腫瘍外科、熱傷 日本形成外科学会 専門医
清水 真理
医員
皮膚腫瘍外科、熱傷  
このページの先頭へ戻る