診療科のご案内

膵臓がん

どのような疾患か

 膵がんとは膵臓から発生した悪性の腫瘍のことを指しますが、一般には膵管癌のことをいいます。膵管癌は膵管上皮(膵導管細胞)から発生し、膵臓にできる腫瘍性病変の80-90%を占めています。全国統計では肺がん、胃がん、大腸がん、肝臓がんについで死因の第5位でした。わが国の膵がんは近年増加傾向にあり、毎年3万人以上の方が膵がんで亡くなっています。膵がんの死亡数はこの30年で8倍以上に増加しました。60歳代の方に多く、やや男性に多く発症します。喫煙、膵がんの家族歴、糖尿病、慢性膵炎などとの関連が指摘されています。

どのような症状をきたすか

 膵癌の初発症状としては、腹痛、横断、腰背部痛、食欲不振、体重減少が代表的です。しかし、こうした症状をきたすのは、病状が進行してからであり、早期診断に結びつきにくいです。また黄疸以外は特異的な症状ではないため、発見時には根治的治療ができないケースも少なくありません。最近では糖尿病の悪化をきっかけに行った、画像検査で比較的早い段階で膵癌と診断されるケースも見られています。

どのような検査を行うか

 膵がんが疑われた場合には、超音波検査CTを行い、腫瘤の有無を調べます。CTでは同時に肺や肝臓などのほかの臓器に膵がんが転移していないか調べることができます。

 超音波検査やCTで膵癌が疑われた場合は精密検査を行います。

 MRIはCTと似たような画像を得ることが出来ますが、それに加え胆管や膵管の描出に優れます。以前は内視鏡的逆行性膵管造影(ERCP)を行わなければ得られなかった膵臓癌による胆管や膵管の圧迫の有無が低侵襲で診断することが出来ます。

 内視鏡的膵管造影(ERCP)は内視鏡(胃カメラ)を十二指腸に挿入し、そこから細い管を膵管の中に入れて、直接膵管を描出します。腫瘤による膵管の圧迫などの膵がんに特徴的な所見が得られることがあります。また、膵液を採取してがん細胞の有無を調べることもできます。検査により膵炎を起こすことがあるため、患者さんに負担のある検査といえますが、膵がんの精密検査としては重要な検査です。また膵頭部の癌により胆管が圧 迫されて閉塞性黄疸を生じた場合、閉塞部位を越えてチューブを胆管内に留置することで、黄疸を治療する事も出来ます。

 がんがあると血液の中の腫瘍マーカーという物質が上昇することがあります。膵がんではCEA, CA19-9, DUPANII, エラスターゼIなどが挙げられます。膵がんが疑われた場合、血液検査で腫瘍マーカーを測定します。また、治療の効果判定にも使用されます。

治療について

 治療は、膵がんの進行度や状態により異なります。手術は最も根治的であり唯一長期予後が期待できる治療方法です。術式は膵臓癌の占拠部位によって決まります。膵頭部癌に対しては、亜全胃温存膵頭十二指腸切除術を、膵体尾部癌に対しては尾側膵切除術を行います。

 膵臓癌は手強い病気です。手術で癌が根治出来た場合でも、再発をきたし長期生存が得られないケースも少なくありません。手術に加えて術後化学療法(再発予防の抗癌剤治療)も組み合わせることで、術後生存期間の延長が報告されています。

 手術で取りきれる範囲を越えて膵がんが広がっている場合は、手術よりも放射線療法や化学療法の方が第一選択になります。

 切除不能な局所進行膵癌(隣接する重要血管への癌浸潤があるケースなど)では放射線療法を行います。

 肝臓、肺など遠隔臓器への転移や腹膜播種を認める場合には全身化学療法を行います。従来行われてきた、ゲムシタビンやティーエスワンに加えて、新規の薬剤も治療の選択肢に含まれるようになってきています。

このページの先頭へ戻る