診療科のご案内

循環器科

特色・専門領域

 診療範囲は心臓・大血管・末梢血管疾患全般ですが、特に、救急医療、虚血性心疾患、心不全、不整脈に重点をおいております。
 救急医療では、東京都CCUネットワークの1施設として24時間体制で行っております。
 虚血性心疾患では、急性心筋梗塞や狭心症に対し、閉塞あるいは狭窄した血管に経皮的冠動脈形成術、ステント留置術を積極的に行っており、良好な成績を得ております。また、近年では冠動脈CTなどにより、患者様の体に負担のかからない方法での冠動脈評価を行っております。
 心筋梗塞のみならず、心筋症、心筋炎、弁膜症、肺塞栓などに基づく心不全に対しては、薬物治療、大動脈バルーンパンピング法、経皮的心肺補助装置などを用い治療にあたっております。
 また、不整脈の診断や治療法の決定のためホルター心電図、加算平均心電図、電気生理学的検査を行い、徐脈にはペースメーカー植込み(MRI撮影可能なペースメーカーの植え込みも行っております。)を、頻脈には抗不整脈薬治療や、カテーテルアブレーションを選択しております。カテーテルアブレーションに関しても心腔内超音波により心臓の解剖を把握できるシステムや先端加重をモニターできるアブレーションカテーテルなど最新の機材を取り入れ、今まで以上により安全で効果的な治療を提供していきます。
 重症心室性不整脈例や心肺停止蘇生例には、突然死予防に最も確実である植え込み型除細動器(ICD)の治療も行っております。
 また、重症心不全患者で薬物療法ではコントロール不能な症例には、両心室ペーシング機能付き植え込み型除細動器(CRT-D)を留置しております。
 年々症例数も増加しており、カテーテルアブレーション、ICDの件数は都内でも有数です。
 なお、2012年4月1日より、日本不整脈学会・日本心電学会認定の「不整脈専門医研修施設」として認定されています。
 末梢血管に対する治療も積極的に行っております。間欠性跛行(歩行時に足(特にふくらはぎ)が痛くなる)、足の脈拍の触れが弱くなるといった症状があれば、下肢の血管狭窄が疑われます。 当科では下肢血管に対してもカテーテル治療を行っております。また脳血管外科医と連携し、頚動脈狭窄に対するステント治療も実施しております。
 重症疾患に対しては、心臓血管外科との密接な連携のもとで治療ができる事も本院の特徴です。心疾患や末梢血管疾患がある、あるいは心疾患の可能性があり診断や治療に難渋する症例がありましたら、ご紹介頂きたく思います。

関連リンク
 ・循環器領域の代表疾患と当院での治療について(PDF:539KB)
 ・専門外来のご案内
 ・心房細動専門外来のご案内(PDF:11KB)
 ・第44回臨床心臓電気生理研究会2014最優秀演題賞(PDF:219KB)

主な医療設備

 CCU 6床、一般病床 54床 心カテ室 2室、その他血管造影室 1室、64列CT、核医学検査装置、トレッドミル、心臓超音波 5台、加算平均心電図、心臓電気生理学マッピングシステム 2台(カルトシステム、エンサイトシステム)、IABP 3台、PCPS 3台、血管内超音波 2台、光干渉断層撮影(OCT),ロータブレータ―、プレッシャーワイヤー、エキシマレーザー(エキシマレーザーは、カテーテルの先端からレーザー光を照射するカテーテル治療器具です。これまで先進医療として行われていましたが平成24年7月から保険適応された最新の治療法です。)

診療実績


  平成20年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度
虚血性心疾患
723
847
856
862
978
947
不整脈
487
723
798
911
849
906
心不全
264
363
365
379
302
381
心筋症
81
126
132
153
119
122
弁膜症
84
127
125
130
129
122
末梢動脈疾患
32
60
107
79
93
94
静脈疾患
30
33
18
22
26
29
大動脈疾患
-
45
37
39
45
39

  平成20年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度
心臓カテーテル検査
920
998
1015
1002
1091
889
経皮的冠動脈形成術
325
347
373
386
431
365
カテーテルアブレーション
222
244
248
339
301
316
ペースメーカー
53
40
64
57
52
58
ICD(植込み型除細動器)
38
38
55
67
58
74
CRT-D植え込み
13
19
11
17
15
9
経皮的末梢血管形成術
29
28
34
37
35
38
IVCフィルター留置
22
26
19
22
24
14


国内・国際学会、論文・雑誌執筆実績

 当科は国内・国際学会への発表および、論文・雑誌執筆も積極的に行っております。治療の難しい複雑な病態や、稀有な症例の良好な治療結果、治療の一定していない病態の研究結果などを、学会発表や論文・雑誌執筆をとおして、世に発信しています。

関連リンク
 ・国際学会発表実績(PDF:19KB)
 ・国内学会発表実績(PDF:721KB)
 ・論文・雑誌執筆実績(PDF:79KB)

スタッフ紹介

氏名 役職 専門 資格
深水 誠二
医長
循環器科一般
不整脈の診断・治療
カテーテルアブレーション
植込み型除細動器(ICD)
ペースメーカー
心臓再同期療法(CRT)
日本内科学会 認定内科医
日本循環器学会 認定循環器 専門医
日本不整脈学会・日本心電学会認定 不整脈専門医
日本循環器学会関東甲信越地方会 評議員
日本不整脈学会 評議員
臨床心臓電気生理研究会 幹事
植込み型除細動器/ペーシングによる心不全治療認定医
臨床不整脈研究会 世話人
臨床研修指導医
小宮山 浩大
医員
循環器科一般
虚血性心疾患
経皮的冠動脈ステント留置術
経カテーテル的末梢血管治療術
頚動脈ステント留置術
日本内科学会 認定内科医
日本循環器学会 認定循環器 専門医
日本心血管インターベンション治療学会 認定医
植込み型除細動器/ペーシングによる心不全治療認定医
臨床研修指導医
北條 林太郎
医員
循環器科一般
不整脈の診断治療
日本内科学会 認定内科医
日本循環器学会 認定循環器 専門医
日本不整脈学会・日本心電学会認定 不整脈専門医
北村 健
医員
不整脈の診断治療 日本内科学会 認定内科医
青山 祐也
医員
循環器科一般
不整脈の診断治療
日本内科学会 認定内科医
荒井 研
医員
循環器科一般 日本内科学会 認定内科医
河村 岩成
シニアレジデント
   
中田 晃裕
シニアレジデント
   
森山 優一
シニアレジデント
   
宮澤 聡
シニアレジデント
   
吉田 精孝
シニアレジデント
   
新井 真里奈
シニアレジデント
   
稲垣 大
シニアレジデント
   
宮部 倫典
シニアレジデント
   
このページの先頭へ戻る