診療科のご案内

呼吸器科

特徴

 当科の特徴は、呼吸器感染症・喘息・COPD(慢性閉塞性肺疾患)・間質性肺炎・肺がん・慢性呼吸不全・睡眠時無呼吸症・呼吸リハビリテーション・島しょ医療・漢方医療など幅広い呼吸器疾患の診断・治療に対応できるよう、スタッフ全員が呼吸器専門医を取得または取得を目指しています。

診療内容・特色

 昨今、治療法の目覚ましい進歩により、抗体療法・分子標的薬・がん免疫療法など有望な治療法がでてきています。大きな期待ができる反面、適応・治療法・新たな副作用など、より専門的で高度な判断を要する場合も増えてくることが予想されます。このような新規の治療にも対応できる診療体制を確立しています。場合によっては、その分野のオピニオン・リーダーに相談、または、紹介やセカンド・オピニオンも時機を逸することなく行っていく予定です。

■呼吸器感染症
ガイドラインや根拠に基づく医療(EBM)に則った治療を目指します。抗菌薬の適正使用に取り組んでいます。
■喘息・COPD
吸入療法を中心に、重症の喘息に対しましては抗体療法まで含めた治療を行っています。感染対策や予防接種なども行います。
■間質性肺炎
新規の抗線維化薬の導入も行っています。
■肺がん
呼吸器外科・放射線科とも連携をとりながら、迅速な診断、EBMに則った治療を目指します。この分野でも、新規の分子標的薬やがん免疫療法など有望な治療法がでてきています。緩和ケア医療の対応も行っています。
■睡眠時無呼吸症
睡眠ポリソムノグラフィー(PSG)検査を1泊2日の入院で行っています。診断後の経鼻持続陽圧呼吸(CPAP)療法も行っています。
■呼吸リハビリテーション・慢性呼吸不全
呼吸器疾患に伴う呼吸不全に対しまして、呼吸リハビリテーションや在宅酸素療法(HOT)の導入を1〜2週間の入院で行います。
■漢方医療
他の病院には少ない当科の大きな特徴である漢方外来を開設しています。従来の治療法では症状の改善が少ない場合に一度、漢方医療をお勧めします。
■アスベスト
アスベスト関連の呼吸器疾患に対応しています。

専門外来

■腫瘍外来(担当:小林) (木曜日午前)
胸部X線検査で腫瘍が疑われる、肺がんの診断や治療の相談、緩和ケア医療の相談など、腫瘍全般に対応します。
■睡眠時無呼吸外来(担当:楢戸) (月曜日午後)
睡眠時無呼吸症の診断、治療、指導を行っています。睡眠ポリソムノグラフィー検査の入院予約も行います。
■肺炎球菌ワクチンの接種 (月〜金曜日午前)
保険適用外となります。
■漢方外来(担当:齊藤) (月曜日午前)
いろいろな薬を使っても症状がなかなか改善しない(咳痰、息切れなど)等でお悩みの患者さんに対する漢方治療を行っています。(呼吸器症状の有無は問いません)

関連リンク
 ・専門外来のご案内
 ・睡眠時無呼吸症検査のご案内

スタッフ紹介

氏名 役職 専門 資格
市岡 正彦
副院長
呼吸器内科
肺癌・肺結核・COPD・喘息・睡眠呼吸障害
日本内科学会 認定内科医
日本呼吸器学会 専門医・指導医
日本結核病学会結核・抗酸菌症指導医
環境省中央環境審議会専門委員
インフェクションコントロールドクター(ICD)
山本 和男
部長
呼吸器一般
喘息・COPD・肺がん
医学博士
日本内科学会 総合内科専門医・指導医
日本呼吸器学会 専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 認定医
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医
インフェクションコントロールドクター(ICD)
日本医師会 認定産業医
齊藤 均
医長
呼吸器一般
東洋医学、漢方治療、間質性肺炎
医学博士
日本内科学会 総合内科専門医・指導医
日本呼吸器学会 専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医・指導医
日本東洋医学会 漢方専門医
日本医師会 認定産業医
小林 研一
医長
呼吸器一般
肺がんの診断と治療
日本内科学会 認定内科医
青山 純一
医員
呼吸器一般 日本内科学会 認定内科医
楢戸 律子
医員(非常勤)
呼吸器一般
睡眠時無呼吸症
日本内科学会 総合内科専門医
日本呼吸器学会 専門医・指導医
日本医師会 認定産業医
加藤 友美
医員(非常勤)
呼吸器一般 日本内科学会 認定内科医
このページの先頭へ戻る