診療科のご案内

神経内科

特色・専門領域

神経内科は、脳や脊髄の中枢神経の疾患以外にも、末梢神経、筋肉などの疾患を扱う内科です。
神経内科専門医が常勤し、病気の正確な診断と、適切な治療を心がけています。
さらに地域の医療機関・福祉施設の方々と連携を図り、個々の症例に適した急性期・慢性期の診療にあたっています。


対象疾患

頭痛(緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛など)、神経変性疾患(パーキンソン病、進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、多系統萎縮症、脊髄小脳変性症、レビー小体型認知症、前頭側頭葉変性症、筋萎縮性硬化症など)、脳血管障害(脳梗塞、一過性脳虚血発作)、てんかん、本態性振戦、ギランバレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー、多発性硬化症、重症筋無力症などの疾患を診療しております。



具体的な症状

頭痛・ふらふらするめまい・片側の手足に力が入りにくい・手足の感覚が突然鈍くなった・手足が震える・言葉がもつれる・動作が鈍くなった・急に視野の一部が見えなくなった・物が二重に見える・歩きづらい・突然、意識がなくなる など、
脳卒中やパーキンソン病などの症状が心配と思われたら、いつでもご相談ください。

必要に応じて、脳神経内科領域の特殊検査(頭部CT・MRI、RI検査(脳血流シンチグラフィー、MIBG心筋シンチ、DATスキャン)、頚動脈超音波検査、脳波、筋電図、末梢神経伝導速度検査など)を行い、診断・治療に結び付けていきます。



スタッフ紹介

氏名 役職 専門 資格
平澤 基之
部長
神経内科疾患 医学博士
日本神経学会専門医・指導医、代議員
日本内科学会認定内科医
日本リハビリテーション医学会認定臨床医
臨床研修指導医
北見 真喜子
医長
神経内科疾患 日本内科学会認定内科医
日本神経学会専門医・指導医
医学博士
三笠 道太
医員
神経内科 神経内科専門医
このページの先頭へ戻る