診療科のご案内

検査科・輸血科・病理診断科

特色・専門領域

 検査科の大きな役割は、信頼性の高い検査結果を迅速且つ的確に臨床へ提供することにより診断・治療に寄与することと考えています。検査部門の構成は、検体系検査(一般検査、血液検査、生化学免疫検査)、輸血検査、細菌検査、病理検査及び生理検査に分かれています。中央採血室は、検査に必要な外来患者の採血を看護部と共同で運営しています。
 輸血科は、安全且つ適正な輸血医療を行うために、血液型検査や交差適合試験等を含む輸血管理業務を行っています。さらに、各診療科との協力のもと輸血用血液製剤の有効利用、適正使用の推進に努めています。
 病理診断科は、救急医療を中心とする広い範囲の病気に対応できるよう努力しております。また当院の特徴の一つである循環器疾患に対する経験を生かし、研究活動も行っています。

主な医療設備

 主な医療設備としては、生化学自動分析装置、自動血球分析装置、超音波診断装置、長時間心電図解析装置などがあります。

スタッフ紹介

氏名 役職 専門 資格
常深 あきさ
医長
人体病理
輸血
 
田中 道雄
非常勤
人体病理
循環器病理
日本病理学会 認定医
日本臨床細胞学会 専門医
このページの先頭へ戻る