診療科のご案内

入院中のお食事について(栄養科)

 入院患者さんにとって、食事は大きな楽しみです。栄養科では、患者さんにおいしく食事を召し上がっていただくために、さまざまな取り組みを行っています。

食事の種類

 栄養面で特別な制限のない一般治療食と、エネルギーや食塩、たんぱく質などを調整した特別治療食をご用意しています。
 温かい食事は温かく、冷たい食事は冷たく召し上がっていただけるように、保温保冷配膳車を使用して配膳を行っています。

特別な対応

 「かめない」「飲み込みづらい」などでお困りの患者さんには、細かく刻んだり、ミキサーにかけるなどの「再加工食」や、柔らかさに配慮した「嚥下対応食」をご用意し、食べやすさに配慮しています。
 また、食物アレルギーや宗教上の理由で召し上がれない食品がある患者さんには、ほかの食品に置き換えた食事をお届けしています。

嚥下対応食(やわらか)
 
 食材をほぐしたり、刻んだりしてやわらかく調理しています。
 口腔内で食材がばらつかないよう「あん」でとじています。
 嚥下スプーンもお付けしています。


選択食

 患者さんがご自身で、2種類のメニューからお好みの料理をお選びいただける「選択食」を、週5回昼食時に行っています。
 朝食については、「ごはん」か「パン」をお選びいただけます。


お楽しみ食

 入院生活に潤いを持っていただけるよう、季節ごとの旬の食材を使用した季節食や、物日・歳時にあわせた行事食を月2〜3回程度ご提供しています。
 「思いがけない行事食に感激した」、「入院生活にこのような心遣いは本当にうれしいです」など多くの患者さんからお手紙をいただいています。


七夕献立
 
 そうめんを天の川に見立て椀物にしました。夏の果物のスイカを添えて、涼しげな献立にしてみました。


秋の献立 〜白露(はくろ)〜
 
 白露とは、朝夕の温度差により草花に朝露が葉に宿ることをいいます。
 メバルは柚子の香り豊かに仕上げ、お浸しには菊花をあしらい、旬のぶどう(甲斐路)をおつけしました。


クリスマスメニュー
 
 クリスマス定番のローストチキンに野菜たっぷりのラタトューユをかけました。
 バターライス、コンソメスープ、サラダに手作りのブラマンジェを添えました。


歴代オリンピック開催国の食事
 
 2020年に東京でオリンピックが開催され、当院はオリンピック対応病院としての役割を担います。そこで、東京オリンピックに向け、歴代オリンピック開催国の食事を病院食にアレンジし、お届けしていきます。

第1回 ブラジル料理
(2016年 リオデジャネイロオリンピック)

 パン(胚芽ロール・ソフトフランス)
 茹豚 ヴィナグレッチ(pdf)
 フェジョアーダ(アレンジ)(pdf)
 牛乳



第2回 ギリシャ料理
(1896年、2004年 アテネオリンピック)

 ご飯(全粥)
 ムサカ風(pdf)
 グリーク風サラダ(pdf)
 フルーツカクテル



第3回 メキシコ料理
(1968年 メキシコシティオリンピック)

 パン(胚芽ロール・ソフトフランス)
 チキングリル焼きサルサ風ソース(pdf)
 アボカドサラダ(pdf)
 牛乳



第4回 ドイツ料理
(1972年 ミュンヘンオリンピック)

パン(バターロール)
ドイツ風ポトフ(pdf)
新玉ねぎとインゲンのサラダ
牛乳



その他

 ご出産された患者さんにはお祝いのお食事を、また誕生日の患者さんにはデザートをご提供しています。



 出産お祝い膳
  メッセージカードを添えて、お祝い膳に仕立てました。

 私どもは、患者さんの入院生活がご満足いただけるものとなるよう、今後も知恵を絞り、おいしくて治療効果の高い食事の提供をめざして、さまざまな工夫に努めてまいります。

このページの先頭へ戻る