代表電話番号03-3444-1181

予約専用電話番号03-3446-8331

医療関係者の方へ

外国人患者対応の取組

当院は平成27年度から3年連続で厚生労働省による「医療機関における外国人患者受入れ環境整備事業」の拠点病院に選定されており、また、平成29年3月には外国人患者受け入れ医療機関認証制度(JMIP)の認証を取得しました。
広尾という地域の特性もあり、当院には日本語を第一言語としない方が多く来院します。そういった患者さんにも安心して受診していただけるよう、次のような様々な取組を行っています。

外国人対応マニュアルの作成

外国人患者への対応方法について記載したマニュアルを作成し、院内の各部門に配布、活用しています。

マニュアルの主な内容

  • 文化、宗教、話し方など、対応する際の留意点
  • 通訳が必要な場合の手順
  • 通訳する際の留意点
  • 禁忌、アレルギーなどの入院時の食事対応
  • 外国人患者さんの対応記録方法

さらなる環境整備に向けて

語学研修、勉強会の実施

ネイティブスピーカーを講師に招いて、院内の職員を対象とした語学研修を実施し、実践的な英会話を学んでいます。
加えて、医療コーディネーターや院内通訳を講師として、実際の対応事例を題材とした勉強会も定期的に開催しています。

受入れに関しての定期的な検討

医療コーディネーター・通訳を中心メンバーに据え、外国人患者対応について情報共有し議論する場を設けています。

  • 外国人患者の来院状況
  • 対応事例の共有、議論
  • 受入れ体制に係る課題の抽出及び改善策の検討

外国語対応

医療コーディーター、英語・中国語の通訳配置

くわしくはこちら(外国語医療コーディネーター・通訳)をご覧ください。

映像通訳サービスの導入

英語・中国語以外の言語にも対応できるよう、タブレット端末による翻訳サービスを導入しています。
くわしくはこちら(外国語医療コーディネーター・通訳>外国語による相談)をご覧ください。

指差会話帳の活用

各病棟や検査部門などに英語の指差会話帳を置き、活用しています。

院内表示の外国語表記

主な院内案内図や各種設備の表示は、日本語と英語を併記しています。

  • 立ち入り禁止区域
  • 避難経路
  • トイレのウォシュレット
  • 病棟のコインランドリー
  • ATM

文書での外国語対応

一部の手術、処置、検査の説明書や同意書については、英語や中国語に翻訳したものを用意しています。

問合せ

外国人患者対応に係る医療機関からのお問合せは、下記担当で受け付けています。

問合せ先:
庶務課企画担当
電話番号 03-3444-1181(代表)

最終更新日:2018年2月28日