医療関係者の方へ

第98回臨床症例研究会のご案内

下記のとおり、都立広尾病院第98回臨床症例研究会を開催いたします。多くの先生方にご参加いただきますよう、ご案内申し上げます。

  1. 日  時:平成29年9月22日(金) 午後7時〜
  2. 会  場:広尾病院 別館3階 大会議室
  3. テーマ等:
『膝関節の変性疾患の診断と治療・肩関節の変性疾患の診断と治療』
演者:広尾病院整形外科 医員 浦田泰平・医員 柴山一洋
 膝関節の痛みをおこす疾患は外傷から変性疾患と多岐にわたりますが、身体所見、画像所見から正確に診断を行うことが重要になります。今回は変性疾患との関わり方、治療の流れについてお話しさせていただきます。(浦田医師)
 五十肩と診断された方の中で、後に腱板断裂と診断がつくケースや、早期に診断が付かず、放置されて大断裂となり修復不能となる患者さんは多くいらっしゃいます。今回は腱板断裂の診断、治療に重点を置き、先生方の日頃の診療に役立つような講演となるように努める次第であります。(柴山医師)


<連絡事項>

  1. この臨床症例研究会は日本医師会の生涯教育の対象となります。「日医生涯教育講座参加証」<カリキュラムコード:確認中>をお渡しいたします。
  2. 車でお越しの方は会場受付で駐車券に無料の処理をいたしますのでお申し出下さい。
    当日参加も可能ですが、できましたら事前にFAXにて参加申込書をお送りください。(参加申込書はこちら

申込み先:都立広尾病院 患者支援センター医療連携担当  FAX:03−3446−5419
問い合わせ先 都立広尾病院 患者支援センター医療連携担当 【連携専用】TEL 03−3446-6106

このページの先頭へ戻る