医療関係者の方へ

Electro-anatomicalマッピング法(CARTO system)

循環器科 医長  深水 誠二

 不整脈治療における最近の大きな進歩の一つに、カテーテルアブレーション治療がある。これは、頻脈性不整脈の発生部位や頻拍の原因となる副伝導路などを探し出し、高周波エネルギーをカテーテル電極に通電して心筋の一部を焼灼するという不整脈の根治治療法である。

 発作性上室性頻拍(WPW症候群、房室結節リエントリー性頻拍)、通常型心房粗動、特発性心室頻拍などではアブレーション治療が奏効し、第1選択の治療法となっている。しかし、開心術後の心房頻拍や非通常型心房粗動、あるいは陳旧性心筋梗塞や心筋症など器質的心疾患に合併する心室頻拍では、頻拍の原因となる興奮旋回路(リエントリー回路)が複雑であり、そのため、従来のように透視画面でカテーテル位置を確認しながら焼灼標的心筋を探す方法では治療に難渋する例が少なくない。

  Electro-anatomicalマッピング法(CARTO system)は、このような複雑なリエントリー回路を有する難治性不整脈の症例におけるアブレーション治療の成績向上が期待される新しい心腔内マッピングシステムである。


図1 開心術後の非通常型心房粗動症例
(activation map)
 CARTO systemではカテーテル電極による心内電位記録(電気的情報=Electro)と、磁気を利用して得られるカテーテル電極の位置(解剖学的情報=anatomical)を同時にコンピューター処理することで、心臓立体画像をコンピューターディスプレイにリアルタイムで描出し、頻拍中の興奮伝播過程や電位波高を表示することが可能である。患者の検査ベッドの下には3個の磁場発生装置が置かれ、磁気センサーを内臓した専用カテーテルの先端でそれぞれの磁場の強度を感知し、カテーテル先端の位置がコンピューター画面上にカテーテルアイコンとして図示される。カテーテル電極で心臓の内面をなぞるようにして多くの点を記録してゆくと、多面体として心臓立体画像が描出される。このよう にして心臓立体画像が構築されると、透視を使用しなくてもカテーテルアイコンをみながらカテーテルの操作ができ、放射線被爆が軽減される。また、ディスプレイ上の臓はどの角度からも自由にみることができるため、詳細な形態の把握も可能である。


図2 陳旧性心筋梗塞の心室頻拍症例
(voltage map)
 CARTO systemでは、3つのmapを作ることができる。activation mapは、電気的興奮の伝播する様子をカラー表示するものである。興奮の早い場所から赤→橙→黄→緑→青→藍→紫の順で興奮の伝播を心臓立体画像上に表現する。さらにanimated propagation mapでは心筋興奮が伝播する様子をアニメーションで表示できる。これらにより複雑なリエントリー回路を有する不整脈においても、より視覚的にリエントリー回路の同定が可能である。また、器質的心疾患を合併する症例では傷害心筋や術後の切開線・瘢痕組織が不整脈発生の重要な要因となっており、これらを心臓立体画像の上で表現することでよりアブレーション標的部位が理解しやすくなる(voltage map)。

 このCARTO systemが当院にも導入されており、難治性頻脈性不整脈の非薬物治療の応用範囲がさらに広がった。今後、CARTO systemを用いてカテーテルアブレーションのさらなる発展が期待される。

このページの先頭へ戻る