教育研修体制

東京看護アカデミー

都立病院には「東京看護アカデミー」という都立病院の看護職員に対し、新人からベテランに至る一人ひとりの習熟段階に応じて、キャリア発達を組織的に支援する研修体系があります。
患者さんの一番身近に居て直接ケアを担う看護職員は、医療チームの中でも極めて重要な役割を担っています。日々進化する医療技術に対応できるスキルを磨き、豊な人間性を育みながら一人ひとりが成長する過程は、365日24時間安心できる首都東京の医療を前進させる大きな力となります。

広尾病院看護部
教育体制の特徴

1
一人ひとりのキャリア発達を支援します

★救急・災害医療(重点医療)を支える総合医療基盤が充実した広尾病院
★3か月間の臨床研修
  ⇒職場全体で新人指導を行う体制が整っています

臨床看護の基礎がしっかりと身に付く研修制度

実務経験を通してスキルアップできる環境

2
新人指導体制の特徴

★職場には「新人看護職員一人」に対し「実地指導者一人」です。
★入職後3カ月間の臨床研修では、PNSで指導者と共に基礎看護技術の習得を進め、職場全体で新人指導を行う体制を整えています。
★夜勤は3カ月目以降に導入、指導者とペアとなりシャドウを2回実施し、夜勤独り立ちを目指します。

常に、皆が見守っています
安心して、何でも相談してください

3
成長し続ける

★最初の3年間は「一人前の看護師になる基盤」つくりとなる大切な期間
★段階を追ってスキルアップできるプログラム
  悉皆研修(対象者全員が勤務時間内に必ず受講する研修)
★その他、院内・院外研修や認定看護師等による学習会等
★認定看護師教育課程等への派遣研修も充実

自分の努力次第で、どんどんキャリアアップ
「成長し続ける」

プロフェッショナル育成のための研修制度

基礎コースは、段階的に全員が時間内に学べる研修です。
ジェネラルコースは、看護実績能力の向上を目指したプロになるために構成された研修を用意しています。

広尾病院の特徴ある研修

◆ 災害看護研修について

広尾病院の重点医療課題である救急災害医療を担う看護職員の知識·技術の向上を図るため、研修·訓練を実施しています。「頭で考え、身体を動かす」をモットーに、講義のみならず、実践を多く取り入れた研修が当院の災害看護研修の特徴です。基礎コース職員対象の災害看護Ⅰ、災害看護Ⅱ、災害看護Ⅲ、ジェネラルナース職員対象の災害看護Ⅳと段階的に進む研修のほかに、災害ファシリテーター研修、災害看護(責任者)研修、東京DMAT隊員研修などがあります。


◆ 基礎コース合同救急看護研修について

重点医療課題である救急医療を担う看護職員の知識·技術の向上を図るため、基礎コースレベルⅠ·レベルⅡ·レベルⅢ合同で行う研修です。講師は医師や救急看護認定看護師、救急看護研修修了者が担い、胸骨圧迫の技術から急変を素早く察知できる能力まで救急看護の基礎が身につく研修です。演習(BLSシミュレーション)では、発見者·応援者·リーダーという各役割を実践し、チームダイナミクスにおける学びが深まります。

新人看護職員の研修体験談

集合研修では、採血、吸引などの手技や医療安全について基礎からしっかり学ぶことができました。病棟に配属された後も、定期的に研修があり、また、先輩から指導を受けることで、安心して業務に取り組むことができる環境が整っています。

新人看護職員 Oさん


都立病院は研修制度が充実しており、看護師1年目から必要な知識·技術を学ぶことができます。基礎コースの研修だけでなく、医師や認定看護師による研修や病棟での学習会に参加できるので、自分の興味のある分野の学習を進めやすい環境だと感じています。

新人看護職員 Sさん


都立病院は定期的に院内研修があるため、看護師として必要な知識や技術が身に付きやすく、同期との接点もたくさんあり、良い刺激になります。またPNSによる看護実践は、複数の先輩方と密なコミュニケーションがとれるため、安心して仕事ができます。

新人看護職員 Fさん