病院のご案内

平成28年度 広尾病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 1036 166 373 447 579 771 1369 1648 1266 298
・一般病棟の年齢別階級別(10歳刻み)の患者数を示しています。対象期間内に複数回入院実績がある場合は、それぞれ1人として集計しています。
・年齢は、入院開始日時点の年齢です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
■精神科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 7.29 3.64 0.00 39.14
170020xxxxxx1x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 副傷病あり - - 6.65 - -
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 11.97 - -
170040xxxxxxxx 気分[感情]障害 - - 20.63 - -
01021xxxxx0x0x 認知症 手術・処置等1なし 副傷病なし - - 13.60 - -
・年間で、26種類の診断群分類、患者数は43人です。
・精神科病棟のみの入院はDPC対象外のため、上記に含まれておりません。
■小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 193 6.65 6.18 1.04 0.00
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 107 5.64 6.42 0.00 3.33
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 101 5.54 6.02 0.99 1.22
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 100 3.76 5.50 4.00 4.35
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 85 6.21 5.79 0.00 3.94
年間で、62種類の診断群分類、患者数は980人です。
■外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 52 6.19 5.60 0.00 32.02
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 16.88 15.92 3.13 68.94
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 7.25 7.61 4.17 62.50
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 22 12.36 12.73 0.00 67.00
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 20 7.35 6.91 0.00 39.85
年間で、198種類の診断群分類、患者数は648人です。
■整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 94 32.78 27.63 79.79 81.98
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 56 8.95 5.49 0.00 52.48
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 32 9.84 5.33 6.25 27.94
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり 副傷病なし 29 6.45 5.86 0.00 45.66
160835xx01xx0x 下腿足関節周辺骨折 骨折経皮的鋼線刺入固定術 前腕、下腿等 副傷病なし 26 32.81 23.54 11.54 45.81
年間で、816件の手術を実施しました。
■形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 35 8.03 5.80 0.00 38.14
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 18 6.28 4.28 0.00 40.61
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 17 14.41 12.64 0.00 22.00
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 16 7.19 3.44 0.00 69.94
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし - - 5.11 - -
年間で、35種類の診断群分類、患者数は150人です(労働災害事故による外傷症例は含まれておりません)。
■脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
010020x099x00x くも膜下出血、破裂脳動脈瘤(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 4.37 9.32 3.70 56.74
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 7.37 7.52 11.11 56.67
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 8.92 9.87 3.85 66.77
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 20 20.20 16.54 40.00 69.30
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 21.75 19.35 37.50 68.63
年間で、109種類の診断群分類、患者数は321人です。
■心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 27 12.56 12.74 40.74 72.04
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 11 25.18 23.36 18.18 71.45
050170xx02000x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 17.50 17.39 0.00 74.00
050050xx01110x 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等11,2あり 手術・処置等21あり 副傷病なし - - 27.92 - -
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし - - 24.70 - -
年間で、56種類の診断群分類、患者数は160人です。
■産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
130070xx99x00x 白血球疾患(その他) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 3.96 8.81 0.00 53.11
120140xxxxxxxx 流産 25 2.24 2.43 0.00 34.04
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 21 12.05 10.05 0.00 43.24
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 18 3.00 5.12 0.00 46.89
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 13 11.31 10.36 0.00 34.62
年間で、51種類の診断群分類、患者数は273人です。
■眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
020200xx99x4xx 黄斑、後極変性 手術なし 手術・処置等24あり 60 2.23 2.49 0.00 80.97
020210xx99x1xx 網膜血管閉塞症 手術なし 手術・処置等2あり 21 2.24 2.46 0.00 75.48
020180xx99x2xx 糖尿病性増殖性網膜症 手術なし 手術・処置等22あり 11 2.09 2.65 0.00 68.18
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり両眼 - - 6.23 - -
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 - - 2.91 - -
・年間で、28種類の診断群分類、患者数は133人です。
・短期滞在手術として実施した白内障入院手術はDPC対象外であるため、この件数には含まれていません。
・当科では、白内障・網膜硝子体疾患・眼瞼疾患の手術を中心として、眼科全般の診療を行っています。加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫や糖尿病黄斑浮腫、病的近視における脈絡膜新生血管に対する抗VEGF抗体硝子体内注射を希望により入院にて行っています。
■耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 46 4.93 5.24 2.17 58.48
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 39 5.18 5.50 0.00 35.03
030428xxxxxxxx 突発性難聴 31 8.39 9.37 0.00 53.10
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 18 8.83 8.12 0.00 34.94
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 17 9.18 7.47 0.00 53.59
年間で、53種類の診断群分類、患者数は307人です。
■神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 5.33 7.12 0.00 46.67
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 11 14.64 16.54 9.09 61.45
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 3、4又は5 10 20.20 20.18 30.00 71.80
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 9.36 - -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.24 - -
年間で、54種類の診断群分類、患者数は120人です。
■皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 82 2.77 4.28 0.00 52.95
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 49 9.00 11.97 4.08 62.65
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 45 5.71 8.96 0.00 69.40
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 11 6.36 8.78 0.00 74.82
080005xx01x0xx 黒色腫 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - - 14.87 - -
年間で、34種類の診断群分類、患者数は236人です。
■泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 35 9.51 7.44 0.00 74.71
110080xx99030x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 33 9.33 15.07 0.00 70.58
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 12 9.17 9.98 0.00 70.58
110080xx9905xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等25あり - - 11.54 - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし - - 12.43 - -
年間で、71種類の診断群分類、患者数は233人です。
■呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 32 17.59 19.92 6.25 71.56
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 19 6.16 3.68 5.26 72.95
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 25.79 21.25 21.05 84.58
0400801299x000 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア0 14 7.14 8.31 0.00 40.21
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2 14 13.93 15.29 7.14 83.71
・年間で、97種類の診断群分類、患者数は313人です。
・当科の特徴は、呼吸器感染症・喘息・COPD(慢性閉塞性肺疾患)・間質性肺炎・肺がん・慢性呼吸不全・睡眠時無呼吸症・呼吸リハビリテーション・島しょ医療・漢方医療など幅広い呼吸器疾患の診断・治療に対応できるよう、スタッフ全員が呼吸器専門医を取得または取得を目指しています。昨今、治療法の目覚ましい進歩により、抗体療法・分子標的薬・がん免疫療法など有望な治療法が出てきています。大きな期待ができる反面、適応・治療法・新たな副作用など、より専門的で高度な判断を要する場合も増えてくることが予想されます。このような新規の治療にも対応できる診療体制を確立しています。場合によっては、その分野のオピニオン・リーダーに相談、または、紹介やセカンド・オピニオンも時機を逸することなく行っていく予定です。
■循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 382 5.81 5.51 0.26 66.38
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 190 3.34 3.06 0.00 66.71
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 169 5.17 4.71 0.59 66.62
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 98 3.56 3.22 0.00 70.41
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 88 17.03 17.95 6.82 80.33
年間で、183種類の診断群分類、患者数は1,719人です。
■腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 8.30 12.84 4.35 70.35
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 10 29.20 37.06 0.00 65.50
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 17.95 - -
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 副傷病なし - - 2.60 - -
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし - - 14.77 - -
・年間で、65種類の診断群分類、患者数は152人です。
・当科では、蛋白尿・血尿などの検尿異常があり慢性腎臓炎等の疾患が疑われる方の診断(腎生検)・治療、慢性腎臓病の進展予防・合併症対策、末期慢性腎臓病治療として透析療法(血液透析/腹膜透析)導入、血液透析の方の内シャント作成およびその修復(再建、経皮的血管形成術(PTA)、血栓除去)や合併症治療を行っております。また、電解質(Na、K、Ca)異常の診断・治療も行っております。
■救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 3.48 3.64 4.76 44.24
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2なし 14 2.79 4.19 0.00 42.29
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 19.25 21.25 16.67 81.25
100380xxxxxxxx 体液量減少症 - - 9.33 - -
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 9.87 - -
年間で、139種類の診断群分類、患者数は259人です。
■血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 15 9.93 16.83 0.00 65.67
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等23あり - - 36.08 - -
130060xx97x41x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病あり - - 48.66 - -
130110x0xxx00x 出血性疾患(その他)(16歳以上) 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 16.95 - -
130040xx97x1xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術あり 手術・処置等21あり - - 35.55 - -
年間で、13種類の診断群分類、患者数は30人です。
■消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 14.24 11.06 10.81 77.41
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 27 5.26 5.50 3.70 44.15
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 5.86 7.44 0.00 53.64
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 20 3.15 3.00 0.00 74.80
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 16 6.13 7.89 0.00 54.94
年間で、116種類の診断群分類、患者数は379人です。
■糖尿病内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 25 13.96 14.61 0.00 60.08
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 4.36 6.12 0.00 54.55
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 - - 14.91 - -
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 - - 16.31 - -
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 - - 11.48 - -
・年間で、52種類の診断群分類、患者数は125人です。
・当科は、糖尿病療養指導士の資格をもつ看護師、および栄養士とともに、患者さんの、糖尿病治療に携わっています。最も多い入院は、糖尿病の教育入院ですが、その他、ホルモンの病気(クッシング病、原発性アルドステロン症、副腎不全など)の検査入院などがあります。また、外科や整形外科など他科に入院中の患者さんの血糖管理も行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 11 - - 13 21 11 1 6,7
大腸癌 12 21 24 35 19 13 1 6,7
乳癌 - - - - 11 - 1 7
肺癌 12 - 17 18 20 22 1 6,7
肝癌 - - - - - - 1 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
・5大癌について、初発患者はUICCのTNMから示される病期分類による患者数を、再発患者は期間内の患者数を示しています。
・患者数は延患者数(同一患者が複数回入院した場合はそれぞれ1名)です。
・UICCのTNMから示される病期分類とは、国際対がん連合(UICC)の採用している、がんの進行度を判定する基準による病期(ステージ)分類を指しています。
・病期分類基準については、「1」は「UICC病期分類」、「2」は「癌取扱い規約」を示しており、版数は分類基準のバージョンを示しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 26 7.15 47.58
中等症 65 16.46 75.38
重症 16 20.63 82.31
超重症 - - -
不明 - - -
・入院契機病名及び最も医療資源を投入した傷病名に対するICD10コードがJ13〜J18$で始まるもので、成人の市中肺炎を重症度別に集計しています。
J13 肺炎レンサ球菌による肺炎
J14 インフルエンザ球菌による肺炎(インフルエンザウィルスは別分類)
J15$ 細菌性肺炎、他に分類されないもの
J16$ その他の感染病原体による肺炎、他に分類されないもの
J17$ 他に分類される疾患における肺炎
J18$ 肺炎、病原体不詳
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 13 5.38 60.92 0.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 107 22.77 72.60 36.67
その他 13 22.46 71.92 5.00
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
・最も医療資源を投入した傷病のICD10コード(G45$など)別に集計しています。
・発症日からの日数区分(3日以内、その他)は治療開始時点を示しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
■外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 50 0.58 4.62 0.00 31.26
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 44 1.55 4.98 2.27 62.91
K6335 鼠径ヘルニア手術 43 1.72 4.14 2.33 67.65
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 30 4.20 12.10 3.33 68.17
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 23 1.65 7.26 0.00 70.00
年間で、498人の患者に、111種類の手術等を実施しました。
■整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 95 1.62 27.04 58.95 72.51
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 85 2.44 18.46 5.88 51.02
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 46 1.30 3.78 0.00 46.17
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) 44 2.61 15.70 4.55 53.95
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 27 2.59 35.15 81.48 81.33
・年間で816件の手術を実施しました。
・救急車で搬送された外傷の患者様の手術が増えています。特に、高齢化社会を反映して高齢の大腿骨骨折の患者様が増えています。当院では早期の歩行能力獲得をめざし、基本的には緊急手術(もしくは数日以内の手術)にて対応しています。手術後のリハビリを充実させるべくリハビリ専門病院をご紹介しています。また、神経疾患や手の外科関連の手術も多く、専門医が担当しています。
■形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K333 鼻骨骨折整復固定術 22 1.18 3.77 0.00 33.27
K427 頬骨骨折観血的整復術 10 2.50 8.60 0.00 48.90
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
年間で、123人の患者に、42種類の手術等を実施しました。これらの症例には、労働災害事故による外傷症例(66症例)は含まれておりません。
■脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 25 0.56 12.68 8.00 75.84
K1781 脳血管内手術(1箇所) 15 2.93 38.27 53.33 65.73
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 10 0.20 34.50 80.00 71.10
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -
年間で、121人の患者に、37種類の手術等を実施しました。
■心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 27 2.67 9.67 40.74 70.30
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 14 2.79 26.50 14.29 73.93
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 13 15.85 24.62 7.69 66.85
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 11 3.64 12.55 18.18 77.27
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) 11 1.91 3.91 0.00 59.82
年間で、168人の患者に、45種類の手術等を実施しました。
■産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 21 0.57 0.67 0.00 33.67
K861 子宮内膜掻爬術 15 2.33 2.00 6.67 47.13
K877 子宮全摘術 15 2.20 10.20 0.00 53.07
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 14 0.93 9.79 0.00 34.36
K867 子宮頸部(腟部)切除術 12 1.00 3.67 0.00 38.33
年間で、126人の患者に、25種類の手術等を実施しました。
■眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 326 0.50 1.68 0.00 73.00
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) - - - - -
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) - - - - -
K2423 斜視手術(前転法と後転法) - - - - -
K270 虹彩光凝固術 - - - - -
・年間で、348人の患者に、14種類の手術等を実施しました。
・当科では、白内障・網膜硝子体疾患・眼瞼疾患の手術を中心として、眼科全般の診療を行っています。白内障手術では、小切開超音波乳化吸引術で対応し、乱視矯正が必要な症例に対しては積極的にトーリック眼内レンズ(乱視矯正源内レンズ)を挿入しています。硝子体手術では小切開硝子体手術システムを用いて合併症を起こさない術式を工夫しています。
■耳鼻いんこう科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 30 1.47 6.50 0.00 29.57
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 16 0.50 4.69 0.00 35.44
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 14 3.07 6.14 0.00 52.36
K347 鼻中隔矯正術 - - - - -
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - - - - -
・年間で、124人の患者に、35種類の手術等を実施しました。
・この他に外来日帰り手術も行っています。日帰り手術ではアレルギー性鼻炎、肥厚性鼻炎に対してレーザー焼灼術、下鼻甲介切除術を積極的に行っています。
■皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 31 0.23 1.61 0.00 53.90
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 18 0.33 7.83 0.00 71.22
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) 16 0.00 1.44 0.00 59.88
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 13 0.08 2.08 0.00 46.38
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 10 0.20 2.70 0.00 47.60
・年間で、119人の患者に、20種類の手術等を実施しました。
・この他に外来日帰り手術も行っています。
■泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 18 2.89 5.56 0.00 75.00
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 18 3.22 6.11 0.00 72.22
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 16 0.38 6.38 0.00 70.75
K830 精巣摘出術 - - - - -
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 - - - - -
年間で、124人の患者に、28種類の手術等を実施しました。
■循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 286 1.96 2.89 0.35 68.36
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 136 2.58 3.41 0.74 67.79
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 101 2.48 4.12 1.98 60.93
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 33 0.00 15.06 3.03 63.06
K5482 経皮的冠動脈形成術(エキシマレーザー血管形成用カテーテル) 31 1.10 7.58 0.00 62.03
年間で、799人の患者に、47種類の手術等を実施しました。
■腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 18 10.56 10.61 5.56 67.78
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 11 0.27 2.00 0.00 68.36
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - -
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 - - - - -
年間で、36人の患者に、7種類の手術等を実施しました。
■消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 90 1.29 1.86 0.00 67.94
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 22 1.77 15.50 9.09 80.23
K654 内視鏡的消化管止血術 20 2.20 13.00 0.00 68.45
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 14 1.43 1.86 0.00 67.29
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 13 1.69 6.54 0.00 74.15
年間で、213人の患者に、22種類の手術等を実施しました。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 29 0.36
異なる 15 0.19
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 37 0.47
異なる - -
・入院契機が「同一」の場合は、傷病名に区分される疾患の治療を主な目的として入院した症例数、「異なる」の場合は、それ以外の傷病の治療を目的とし入院した症例数を示しています。
・当院は、心臓血管内治療件数が多く、それらの経年的な合併症の治療を目的に再入院する症例が多くあります。
更新履歴
29.9.29公表
このページの先頭へ戻る