代表電話番号03-3444-1181

予約専用電話番号03-3446-8331

病院案内

災害時の医療体制と活動実績

基幹災害拠点病院として、大規模災害時における重症患者の受入体制の確保及び東京DMAT、医療救護班の派遣体制を常時整えています。

東京DMAT

DMAT(Disaster Medical Assistance Team)とは、災害急性期に活動できる医師、看護師、業務調整員から成る医療チームのことで、東京都の災害派遣医療チームである東京DMATは、大震災等の自然災害をはじめ、大規模交通事故等の都市型災害の現場に東京消防庁とともに出動し、適切な応急治療、トリアージ、同乗搬送などの救命処置を行います。被災地での長時間の活動などにも対応できるようにDMATカーも配備されています。

広尾病院は、東京DAMT発足当初からの東京DMAT指定医療機関です。これまで、東日本大震災や伊豆大島土石流災害などに出動し、平成28年の熊本地震においても、当院からDMAT隊を派遣し、熊本赤十字病院において支援活動を行いました。

災害現場への出動以外にも、東京消防庁や自衛隊などとの合同訓練を毎年実施し、技能の維持・向上を図っています。

DMAT救出救助活動訓練の様子
広尾病院のDMATカー

当院の主な災害対応・活動実績

年月災害名対応・活動実績
平成7年1月 阪神・淡路大震災 医療救護班5名
平成7年3月 地下鉄サリン事件 延べ患者 265名
平成12年3月 日比谷線脱線衝突事故 医療救護班 5名 収容患者11名
平成12年6月 三宅島火山活動 医療救護班 5名
平成16年11月 新潟県中越地震 医療救護班4名
平成19年6月 渋谷温泉施設爆発事故 東京DMAT 1隊3名
平成19年7月 新潟県中越沖地震 医療救護班6名
平成20年5月 四川大地震 国際緊急援助隊 医師1名派遣
平成20年6月 秋葉原無差別殺傷事件 東京DMAT 1隊2名
平成23年2月 ニュージーランド地震 国際緊急援助隊 医師1名派遣
平成23年3月~7月 東日本大震災 東京DMAT 1隊4名
羽田空港SCU派遣 23名
医療救護班 10班38名
こころのケアチーム 1班2名
平成25年10月~11月 伊豆大島土石流災害 東京DMAT1隊4名
医療救護班1班4名
避難患者受入15名
平成28年 4月~5月 熊本地震 DMAT1隊4名
医療救救護班1班7名
平成29年9月 メキシコ地震 国際緊急援助隊 医師1名派遣
伊豆大島土石流災害でのDMAT救助活動
熊本地震における医療救護班活動

最終更新日:2018年2月28日